風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOP ≫ CATEGORY ≫ 漢方薬
CATEGORY ≫ 漢方薬

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

慢性で頑固な四肢 腰の痛み 痺れを治す

独活寄生丸 (どっかつきせいがん)

【処方コンセプト】体が虚弱で、腰や手足の痛みが頑固で治りにくい方にからだが虚弱で疲れやすい方の痺証(ひしょう)に用いる。痺証とは、冷えや湿気が体内に入ることで腰や手足などの運動器に起こる痛み・しびれをいう。
対象者は慢性化した患者や高齢者に多い。

独活寄生丸適応症
◆一般には、高齢者や虚弱者の腰痛にはファーストチョイスとされている。
寒湿痺(かんしっぴ)(寒けや湿気で起きる関節、筋肉、骨などの異常)を呈する疼痛全般に広く用いる。
また、激しいスポーツで腰痛を起こす一時的な虚証にも用いられる。

◆気血(エネルギーや栄養)が不足して、筋骨(肝腎)の養分が足りなくなった結果、
虚に乗じて邪(寒けや湿気)が入り込む。
本方の治方は扶正祛邪(ふせいきょじゃ)(抵抗力を高めて病気の原因を追い払う)である。

◆肝は筋を栄養し、腎は骨を栄養するため、肝と腎が衰えれば膝と腰に異常が出やすい。
筋と骨のトラブルにより、関節の変形、こわばり、屈伸困難などの症状が発生する。
このようなケースによく使われる。

◆曲げられるが伸ばせないのは筋(肝)に病があり、
伸ばせるが曲げられないのは骨(腎)に病があると言われている。

◆特に高齢者は、骨を栄養する腎が衰えやすい。
腎が衰えている高齢者や虚弱者には、体の痛み以外に耳鳴り、健忘、めまいなど(腎虚の症状)を訴えるケースもある。

◆関節リウマチ、リウマチ熱、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、骨粗鬆症などの骨や関節、筋肉の疾患にも応用されている。

.【処方構成】16味処方中の唐独活(とうどくかつ)・桑寄生(そうきせい)を中心とした構成で、この組み合わせには、袪風湿、強筋骨の効果がある。
それをサポートする形で他の生薬が加わる。
薬性のほとんどは温性である。
牛膝(ごしつ)・杜仲(とちゅう)・桑寄生は肝腎を補い、 骨を盛んにして筋を強くする。
補気薬・補血薬もバランスよく配され、痛みの原因を改善する

dokkatsu.gif

肝と腎でエネルギー(気)や栄養(血)が不足して機能が低下した「肝腎不足」の状態に、「風」「寒」「湿」の邪が侵入して起こる腰痛や関節痛には、それらの邪を取り除く「袪風寒湿[きょふうかんしつ]」と、肝と腎の機能を高める「補益肝腎[ほえきかんじん]」のはたらきがある「独活[どっかつ]」と「桑寄生[そうきせい]」が有効とされます。
独活は、「ウド」という名でよく知られたセリ科の植物の根茎部で、解熱・鎮痛作用があるとして昔からよく使われてきました。
また、桑寄生はクワなどに寄生したヤドリギ科の植物で、肝腎の栄養を補って、
風邪、寒邪、湿邪を取り除いて腰や関節の痛みをやわらげるとされています。
スポンサーサイト
漢方薬 | Comments (-) | Trackbacks (-)

生脈宝 気を回復すれば全身に脈が充実する(生じる)

生脈宝 気を回復すれば全身に脈が充実する(生じる)
生 脈 宝
脈を生き返らせてくれる宝物という意味で、
「飲む点滴」とも言われています。
夏の暑い季節に外に長時間いた、
暑い環境の中で長時間汗をかいたなど、
運動・仕事上大量の汗をかくなどして息切れ、
疲労感、体の熱感が取れない方に。

汗が止まらない傾向にある。
炎天下の遠足や、運動時の安心のために。
暑い(熱い)場所に長時間いなくてはならない。
エコノミークラス症候群の予防のために。
汗を止め、汗により失われた体内に必要な水分、
気力、体力を補って、ほてった体を潤し、全身の機能を高めます。
夏場の熱中症予防に、夏バテの予防・改善に、
特にスポーツ、仕事上大量の汗をかかれる方には必需品です。

生脈宝エキス細粒のつかい方
生脈宝エキス細粒は補剤の基本処方として、
体質改善や疲労改善などを中心に滋養強壮を目的として用いられます。

★抵抗力を付けて健康増進(未病先治)
 ~体質改善や疲労の改善など
★スポーツや労働などで汗をかく前(かいた後)に
 ~前に飲んで持久力向上、後に飲んで疲労感解消
★切れ味をもう一つ増したいときに
 ~他の漢方薬・中成薬・滋養強壮薬などと併用

中医学的な解説
中医学的には気陰両虚を対象とします。
 気陰両虚:発汗過多や肉体・精神的疲労など(気陰の消耗)に伴う
倦怠感、口渇、寝汗、手掌・足底・胸部の熱感、焦燥感、息切れ、午後に熱感などを訴える病態

生脈宝エキス細粒の基となる「生脈散」は、
主に心肺の気陰両虚を補う目的で用いられる基本的処方の一つです。
生脈散の名は「気を回復すれば全身に脈が充実する(生じる)」
というはたらきを表しています。
その処方に党参が加わることにより、気血を補う作用が強められています。

一補一清一斂
人参は肺気を補い、麦門冬は肺気を清し、
五味子は肺気を収斂させ、
一補一清一斂の、養気の道を備えるや。
(医宗金鑑・刪補名医方論・巻一)
大補元気・生津止渇・安神(人参) 補中益気(党参)・・・・・・補気薬
潤肺止咳・清熱除煩(麦門冬)・・・・・・滋陰清熱薬
止咳・止汗・生津(五味子)・・・・・・・・・収斂薬

特徴
生脈散は、長期連用による養生的な使い方に加え、
救急や予防的なはたらきも備えています。
ただし、熱(炎症)が盛んな状態や虚証(気陰両虚)に至っていないもの、
カゼや感染症が回復せず咳が出るものなどには使用しないとされています。

手元において服用を心掛けてください。
早期の心肺機能回復を促すものとして最適です。
それ位心肺機能を高め改善させる力があるため、
早く全身に血液を巡らす力がつき、
全身機能を高め、血圧調節を行ってくれます。
脱水症状、熱射病、心臓への負担軽減の目的でどうぞ。
漢方薬 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「ジージー」「キーン キーン」あなたの聴こえだいじょうぶ?


「ジージー」「キーン キーン」あなたの聴こえだいじょうぶ?

耳のトラブルでお悩みの方はおられませんか。

・「ザーザー」「耳鳴りが気になってなかなかスッキリしない。

・年齢とともにだんだんと音が聞き取りにくい。

耳鳴り、聴力低下は老化(腎虚)によるもののほか、

夜型生活でいつも睡眠不足な方や

ストレスが多く神経を擦り減らす生活をしている

若い方にも表れます。

滋腎通耳湯(じじんつうじとう)は十種類の生薬を配合した。
耳のトラブルに使われる漢方薬です。

★腎虚に伴う耳鳴りは、
セミが耳元で鳴いているような「ジージー」と言う低音域の耳鳴りや、

金属音のような「キーンキーン」と言う高音域の耳鳴りに用いられます。
(精神的な原因で起きることが多い)
どちらにも使えるのが小太郎漢方の滋腎通耳湯(じじんつうじとう)です。
●年を重ねると衰えてくる聴力の低下や耳鳴り、めまいに
「滋腎通耳湯(じじんつうじとう) エキス細粒G 90包」は、
聴力が衰え、耳が聞乙えにくくなったり、
また異常な音がいつまでも続いたり、
時にめまいを訴えるなどの高齢者に用いられる処方です。
滋腎通耳湯の方名に、腎を滋養し(腎の働きを高める)、
耳の通りをよくするという薬能が込められています。

耳の異常は漢方では,腎の衰えととらえ,
腎機能を高める漢方を用いて治療することが多いものです。
現代人の感覚からすると,
腎は体に溜まった余分な水分を排泄する働き(機能)と考えがちですが,
漢方でいう腎はもっと広い意味を込めて理解しています。
生命活動の原動力を提供する臓器であり,生殖・成長・発育にかかわると考えられています。
したがって,この機能が衰えると老化が早まり,
老化現象としての耳鳴り,聴力低下などの耳の異常が発生すると考えます。
この考えに基づいて用いられるのが滋腎通耳湯エキス細粒G「コタロー」です


滋腎通耳湯(じじんつうじとう) エキス細粒G 90包【小太郎漢方製薬】
内容量
2.0×90包
漢方薬 | Comments (-) | Trackbacks (-)

牛黄(ごおう)と人参(にんじん)

牛黄(ごおう)と人参(にんじん)

◆人参について
ウコギ科オタネニンジンの根を湯通ししたもので、朝鮮人参・高麗人参とも呼ばれます。私達が普段口にする食用のニンジンとは全く異なる種類のものです。有効成分サポニンをはじめ、アミノ酸やビタミンB群、各種ミネラルなどが豊富に含まれており、滋養強壮作用や末梢血行改善作用が認められています。


<人参の効能>
人参七効説・・・(にんじんしちこうせつ)

・補気救脱(ほききゅうだつ)
  元気を補い、虚脱を救う
・益血復脈(えっけつふくみゃく)
  血液を造り、脈の力を回復させる。
・養心安神(ようしんあんしん)
  心を養い、精神を安んずる。
・生津止渇(せいしんしかつ)
  津液を生じさせ、渇きを止める。
・補肺定喘(ほはいじょうぜん)
  肺の力を補い、喘息を定める。
・健脾止瀉(けんぴししゃ)
  胃腸を丈夫にし、下痢を止める。
・托毒合瘡(たくどくごうそう)
  体内の毒を出し、傷を治す。
漢方薬 | Comments (-) | Trackbacks (-)

和漢薬製剤”腰専門”  天恵堂製薬

和漢薬製剤”腰専門”は天恵堂製薬の長く、広く支持されている漢方処方です。
その訳は生薬の微妙な配合によるものと、
腰痛、坐骨神経痛などで悩まれてる方が多いことと思われます。
「のみやすい」「痛みによい」「シビレにいいみたい」「引きつりに効いた」とお客様の声は様々ですが、
慢性的な腰痛症、神経症の患者さんに何らかの手ごたえを与える漢方製剤であるようです。
あせらず毎日定められた量をキチンと飲めば腰痛に効果が期待できます。
最初は1350丸(小)で1ヶ月試される事をお薦めします。

【効能・効果】
●腰の痛み ●腰筋痛み  ●腰引つり ●血の道不順
●ロイマチス ●関節骨痛 ●坐骨神経痛痛風 ●肩背部のこり
●手足のしびれ ●膀胱カタル
【成分・分量】
1日量(45丸)中
人 参 末 ・・・ 0.15g
川 莪 地 黄 末 ・・・ 0.3g
十 薬 末 ・・・ 0.3g
忍 冬 末 ・・・ 0.3g
当 帰 末 ・・・ 0.3g
コケモモ葉末 ・・・ 0.3g
独 活 末 ・・・ 0.2g
乳 香 末 ・・・ 0.2g
沢 瀉 末 ・・・ 0.2g
菱 実 末 ・・・ 0.2g
【用法・用量】
(小粒な丸剤。)  
・大 人 1回に15丸
・15才以下8才までは大人の1/2量
・7才以下5才までは大人の1/3量

 いずれも1日3回お湯または水で服用してください。

【腰痛に対する治療】
人により原因は違い、また症状も”特に夜、刺されるよう に腰が痛む”や”夕方や疲れた時に、
おもだるい痛みと不 快感”など、患者様により様々です。
ですから、その方々の体質や自覚症状に合わせた漢方薬を飲んでいただきたい
と考えております。
腰専門は服用された患者様の評判も良く、人気の漢方薬ですが、
もし2ヶ月 以上しっかり服用しても少しも改善が見られない方、
自分の体質に合う漢方薬を服用されたい方は
☆相談できる吉田薬局TEL。075-492-5223の鍼灸師・薬剤師にご相談ください
70726f647563742f396331353835626362352e6a70670032353000.jpg
漢方薬 | Comments (-) | Trackbacks (-)
☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。