風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOP ≫ CATEGORY ≫ 東洋医学
CATEGORY ≫ 東洋医学
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

便秘のツボ<支溝>

便秘のツボ<支溝>

いつも便秘気味で、お腹がすっきりしない。中には便秘であることに慣れすぎてしまって、
それが当たり前、という感覚でお過ごしの方もいらっしゃるかと存じます。
しかし、人は食物を消化、吸収して「気」というエネルギーを作り出し、それを使って日々、生きているのです。
排便は、その過程で不用になったものを体外へ排出する、大切な営みです。

しかも東洋医学では、大腸と肺は関係が深く、
実際、便秘が改善されて、呼吸が楽になった、ということが多々あります。
喘息など呼吸器に関わることでお悩みの時は、特に大腸を整える必要があります。

便秘には勿論、原因があります。
東洋医学では、大きく4つのタイプに分類しています。
1.熱秘: 辛いものの食べすぎ
2.気秘: 座りすぎ
3.虚秘: 気や血が足りない
4.冷秘: 冷えによる
いかがですか? 思い当たることがあるかと存じます。どれか一つだけというよりも、複数の要因が重なっていることが多いと思います。そこで、どのタイプの便秘の治療にも必ず使う、「支溝(しこう)」というツボをご紹介します。

このツボは、身体じゅうのエネルギーの分配と水分代謝に関わる「三焦経(さんしょうけい)」というツボの仲間に属しています。そのため、気の流れと水の流れが問題となる症状には、三焦経の治療は欠かせません。しかも、いずれのタイプの便秘でも、排便に必要な水分と気が、大腸でうまく働いていないことに問題があります。そして、三焦経のツボの中でも、特に気の流れを良くする作用に優れているのが、「支溝」です。敏感な方ですと、3秒程度、軽く押しただけで便意を催すことがあるくらいです。

便秘の治療には、食生活の改善が不可欠です。バナナ、ほうれん草、ゴマ、クルミなどは、便秘に効く代表的な食材です。

支溝(しこう
【探し方】
手の甲側、手首から指幅4本分のところの中央。
【ポイント】
手洗いの時などに、意識して触れるなど、押すことを習慣化すると良いでしょう
e10_01.png
スポンサーサイト
東洋医学 | Comments (-) | Trackbacks (-)

肩コリから歯周病(黒豆と亀板)

肩コリから歯周病(黒豆と亀板)

ある程度の年齢になると白髪、シミ、シワといった「見た目の老化」が気になりだします。これらは、「歳をとれば当たり前」と開き直れば痛くもかゆくもありません。しかし歯周病は、そうもいきません。悪化すれば歯を失いますし、最近では糖尿病、肺炎、心臓病などと関連が指摘されています。できることなら何とか避けたい老化現象の一つです。

東洋医学では老化に関するすべて「腎の衰え」と考えます。排尿困難や頻尿といったおしっこの老化にとどまらず、認知症も骨粗鬆症も歯周病も腎の衰えです。東洋医学の腎は、おしっこ、冷え、老化、免疫、不安、体を維持し動かすエネル

ギーと代謝のすべてに関わっています。しかも全身のアクセルとブレーキもコントロールしていますので、ストレスに対する緊張や頑張りが長期にわたると、腎の衰えがブレーキの消耗に偏って表れた場合、消耗されているがゆえにブレーキが利かなくなって暴走している姿が、かえって若々しさと勘違いされてしまうことがあります。

goukoku-300x242.jpg
そこで「合谷」でブレーキチェックです。押して気持ちがよい時、
痛い時はブレーキが甘くなっているサインです。
たまった疲れで肩コリが頭部全体に拡大し、歯周病を悪化させてしまう可能性もあります。
「合谷」に反応があれば食材は黒豆と亀板がよいでしょう。歯も脳も腎から作られています。
kiban-300x205.jpg

(監修 鍼灸師・国際中医薬膳師 宮地つかさ)


















東洋医学 | Comments (-) | Trackbacks (-)

人体健康度測定器 QRM Health Analyzer

QRM Health Analyzerは、
日本・ロシア・中国の量子医学・生物情報科学・電子科学など
数々のハイテク理論に基づき開発された人体健康度測定器です。
電子機器により 人体の微弱電気信号・電気抵抗などの
活量を分析し健康状態をお知らせします。


•体内各部位の電気抵抗値から健康度を計測表示。
•測定者は被験者情報(身長や体重等)
を入力するだけ。
•試験者は測定用スティックを握るだけ。

体内22系統(160項目※)を約1分で計測

人体の微弱な電気信号や電気抵抗をグリップ式センサーで収集、
その値を本体で増幅させ、コンピューター処理を行った上で、
健康・栄養指導に基づいた機器内の標準数値と比較し、
対応する数値をモニターに表示します。

◆特徴
1.最先端の健康科学データに基づき、健康に関する情報を提供致します。
2.微弱電流を体内情報収集に用いているので、痕を残すことなく痛みもありません。
3.簡単な操作で、測定開始約1分後に男性150項目、女性149項目の指数を表示します。
4.自動で信号を取得し、東洋医学・西洋医学による分析表示します。

「QRMヘルスアナライザー」は吉田薬局に常設。

人体の微弱な電気信号や電気抵抗をセンサーで収集して、
コンピューター処理を行った上で数値をモニターに表示します。

約1分間の測定で、男性は22項目150項目、
女性は22系統149項目の指数を測定・分析できます。測定項目は下記になります。

心臓と脳系統:18項目、肺系統:2項目、肝臓胆嚢系統:4項目
腸胃系統:8項目、膵臓系統:4項目、前立腺系統:3項目
男性機能:8項目、女性系統:8項目、女性乳房系統:2項目
腎臓系統:2項目、免疫機能系統:5項目、健康状態:8項目
体の毒素:8項目、経絡系統:12項目、リュウマチ性骨炎系統:10項目
脳神経系統:5項目、ミネラル系統:11項目、肥満系統:6項目
ビタミン系統:9項目、皮膚系統:7項目、アレルギー系統:6項目
アレルギーと痒み系統:2項目、花粉アレルギー系統:2項目、骨密度:2項目


ご来店の際には漢方スタッフにお声をおかけください。
(いずれの測定も、診断を行うものではありません。)

★無料カウンセリング実施中★
上賀茂にある漢方相談☆吉田薬局では、無料カウンセリング(予約制)を行っています。
まず、ゆっくりお話を伺い、その人の体質に合ったお薬・漢方薬に加え
日々の生活の改善法をアドバイスします。
-気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。⇒Tel.075-492-5223


img2.jpg
img1.jpg
東洋医学 | Comments (-) | Trackbacks (-)

補陽還五湯は 脳卒中の後遺症によく使用されている処方

補陽還五湯 (ほようかんごとう)
血流が悪いために起こる筋力の低下、言葉のもつれに

補陽還五湯は中国では脳卒中の後遺症によく使用されている処方である。
脳卒中などで気が虚し、血が滞り栄養が全身に行き渡らないために起こる半身不随などの筋力の低下、
しびれや言葉のもつれ、尿モレなどに。
補陽還五湯適応
◆補陽還五湯は全身の(陽)気の総量を10(右半身:5、左半身:5)とした時、脳卒中などで半身不随になり片側が0になり、動かなくなってしまった状態を5にまで戻す(還五:5を還す)という意味で名前がつけられた。
◆王清任著『医林改錯』には「此の方は半身不随し、口眼歪斜(ワイシャ:口や眼が歪む)し、言語が蹇渋(ケンジュウ:うまく話せない状態)し、口角に涎が流れ、大便は乾燥し、小便は頻数し、遺尿(尿失禁)し不禁(大便の失禁)するを治す」とある。
気虚瘀血によりこのような症状が現われた際に、欠かせない処方である。
◆脳卒中には、脳の血管が詰まる脳梗塞と出血が起きる脳出血がある。
栄養状態がよい今の日本では脳梗塞が多く、補陽還五湯は脳梗塞で血流が悪くなり、その先に栄養が行かなくなる病態によい。
◆補陽還五湯は脳卒中による半身不随に使用するが、
意識がはっきりしていて体温が正常な時だけ使用する。
脳に出血がある時には用いない。
◆処方構成から、脳血管障害に限らず、一般的な血流停滞の状態で全身の機能低下を伴う「気虚瘀血」を目標にする。
高齢者や慢性病を長く患っている方、術後衰弱している方など気虚でパワー不足の方の血流障害に応用することが多い。

.【処方構成】7味

「気旺んなれば血行る」とあるように、本方は黄耆が主薬である。 黄耆は固表止汗で皮膚を強化する働きがあるが、本方の場合、運動麻痺などを改善する目的で配合している。
黄耆で気を補い、そのパワーでもって血の流れを良くする。
また、活血化瘀(血流改善)の働きがある 桃仁、紅花、芍薬、当帰、川芎や経絡の通りを良くする地竜で血流を改善する。
気を高め血流を改善する方意となっている。
東洋医学 | Comments (-) | Trackbacks (-)

東洋医学の腎 方角では北、季節では冬

「腎」のはたらき・・・「水」
方角では北、季節では冬、
一日のうちでは夜という様に
五行の内では最も陰の気が強い。

・腎は「作強の官」
人体の生命活動を維持する基本的な栄養物質-すなわち「精」-を貯蔵し、
五藏六府に供給し、健全な働きを維持している。
全身に精力を賦与し粘り強さや根気を生み出している。 

・腎は精を蔵す
生殖用の精も貯蔵する。
これは、先天的(親から受け継いだ)な腎気が、
後天的な(生後に食物などから取入れた)五蔵の精気と結合して出来たもの。
その生成、貯蔵、輸送はすべて腎が管理している。
腎に病変が起こると、遺精、早漏、精液不足、性欲減退などが生じる。
・腎は成長・発育・生殖能を司る
子供の腎気は親からの先天的な精気を受け継いだもので、発育成長を促す基礎となる。
乳幼児(胎児も含め)では発育に影響し、思春期では精の成熟に影響し、
壮年期は精機能に影響し、老齢期は老化に影響する
女子では7年ごとに、男子は8年ごとに腎気の年齢的消長があるとされる
先天性の発育不良、早老化現象、不妊、精子不育、遺精、陽痿

・腎は「命門の火」の管理者
腎は左右に二個有りその働きは異なっている。右腎を命門という。
命門は元気の根本で、親から受け継いだ先天の気(腎気)を貯蔵する。
命門の火は五藏六府、発育成長、生殖のエネルギーとなる大本である

・腎は水液を主る
腎は水を蔵して、全身の水分代謝を管理し、
命門の火はこの働きを助けて全身に津液を分布させたり、排泄させたりする。
尿量減少、小便不利、浮腫、夜間頻尿、多尿

・腎は骨を主り、髄を生じ、脳に通じる
腎は骨と髄の成長発育と関係している(腎は精を蔵し、精は髓を生じ、髓が骨を養っている)
骨の一種である歯・歯髄・歯齦(歯肉も)・牙の形成と維持に関与する
脳は髓の海といい、腎は脳(髓)と深く関係し、は思考力、判断力、集中力を保持する
腎気不足は─骨髓─→腰が重怠い、骨が痛む、四肢に力がなくなる
       ─脳髄─→思考力の鈍り、健忘、眩量、耳鳴り、視力低下

・腎は上は耳に開竅し、下は二陰に開竅し、その華は髪にある
腎気は耳に通じ、腎和すればよく五音を聞くという
   腎の異常は耳鳴り、耳聾を生じる
二陰とは前陰=生殖器、後陰=肛門のことで、生殖と二便の排泄に関わる
腎の異常は腎水と命門の火が不足して、便秘や尿量の減少が生じてくると浮腫や
、逆に水様性の下痢・尿失禁・早漏・遺精などがおこる
腎が健やかだと神は黒々と太く艶があるが、
弱まると白髪や脱毛が生じてくる

・腎は納気を主る
(呼吸能を維持する)
呼吸は横隔膜の上下によるが肺は横隔膜を上に引き上げ肺から息を出すが、
腎は横隔膜を引き下げて肺(天の気)に空気を取り入れる
呼吸過多、吸気が困難(肺では吐気が困難)、呼吸が浅い、息切れ等 

東洋医学 | Comments (-) | Trackbacks (-)
☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。