風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOP ≫ CATEGORY ≫ 腸管免疫
CATEGORY ≫ 腸管免疫
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ハタ乳酸菌 あらゆる病気を治すには、まず腸の浄化が基本です

51We2J6CmWL.jpg
ハタ乳酸菌 あらゆる病気を治すには、まず腸の浄化が基本です
テーマ: 腸管免疫
腸内細菌について
腸内には、100種100兆個もの腸内細菌が定着常在んでいます。(総重量1kg)
人体を構成する細胞総数60兆個より、はるかに多く、
人や動物の健康や各種疾病に深く係わっていることが、
長年にわたる疫学的調査や研究により、
次第に明らかとなり専門家は腸内細菌叢をひとつの重要な臓器とみなしています。

生活習慣病のほとんどが腸の不調が原因といわれます。
リンパ球全体の70~80%は腸に集中、腸は大事な免疫器官です。
腸内環境をよくすることで、生活習慣病対策を行います。

代表的な善玉菌・・・ビフィズス菌、アシドフィルス菌
代表的な悪玉菌・・・大腸菌、ウェルシュ菌、ブドウ球菌

健康なときには、善玉菌が優勢な状態で生息していますが、さまざまな要因で悪玉菌の繁殖力が旺盛になれば、有害物質の産生に伴って、血液の汚れからくる慢性疲労や肌荒れ、肝臓疾患、高血圧、動脈硬化に到るまで、種々な疾患を誘発し、全身的な老化を押し進めます。
・「ハタ乳酸菌」について
~あらゆる病気を治すには、まず腸の浄化が基本です。~

乳酸菌は健康の維持、増進のkeyになるものです。磨かれ鍛え上げられた「ハタ乳酸菌」は、従来の乳酸菌にはない卓越した3つの驚異的な働きを通して腸内を強力に浄化して、真に美しい腸内環境を実現します。

(作用1)---腸内細菌叢のリーダーとなって腸内の善玉菌が圧倒的多数を占める
腸内を作り上げます。
そしてこの善玉菌と共に生体の生命活動を強力にサポートします。

(作用2)---腸内で産生される腐敗有臭物質や発癌物質を分解、排除して
腸内のクリーン化に大いに貢献します。

(作用3)---腸管感染病原菌の増殖を抑制するのみならず、毒性を弱め
感染を未然に防ぎます。そして、素早く排除します。

『これらの作用は世界有数の乳酸菌培養メーカー「米国ミルウォーキークリスハンセン社」の研究チームによっても実証されました。』

夜飲んで、毎朝すっきり
お肌ツルツル・健康美人 いろいろ試された方にオススメ!
おいしい乳酸菌です。 毎日の健康習慣からはじめましょう!!

乳酸菌を生きたまま凍結乾燥!
長期停滞で腸に働くLCHハタ乳酸菌。
スティック1包に約300億匹の乳酸菌!!

独自の特殊加工技術で凍結乾燥させることにより、腸内で生きたままの状態を長く保ちます。
LCHハタ乳酸菌は、一般的な乳酸菌の3~7倍ほどの定着率があり、3~7日間も腸に停滞して働き続けます。

FDA承認商品(米国食品医薬品局)
FDAは食品について一元的に管理を行う機関で、食品の安全性と有効性を保障することによって国民の健康を守っています。
世界で審査が最も厳しいといわれるFDAで安全性が確認され、1998年8月に承認されました。

世界特許24ヵ国以上
日本国内はもとより米国、ロシア、ドイツ、フランスなど世界24ヵ国で特許を取得しています。

■内容量 1箱(1ヶ月分/2g×30包)入り
価格8,190円 ⇒6,000円

☆キャンペーンセール中 4+1箱 プレゼント

お問い合わせは 吉田薬局 TEL.075)492-5223まで

lch000.jpg


スポンサーサイト
腸管免疫 | Comments (-) | Trackbacks (-)

腸内フローラがエクオールをつくる

腸内フローラがエクオールをつくる
大豆と腸内細菌がエクオールをつくる

女性のゆらぎ期には、
女性ホルモンであるエストロゲンの減少が関係しています。
近年、そのエストロゲンによく似た働きをする成分が発見されました。
それがエクオールです。
.
これまでゆらぎ期の不調には、エストロゲンに似た働きをする、
大豆イソフラボンが期待されてきました。
ところが研究が進むにつれ、
大豆イソフラボンの恩恵を受けやすい人と
そうでない人がいることが明らかになりました。
そこで脚光を浴びたのが「エクオール」です。
「エクオール」は大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が、
腸内菌の力を借り、変換されて生み出されます。
ダイゼインのままと比べ、よりエストロゲンに似た働きをすると言われています。

日本人は50% 欧米人は30%
しかしエクオールを腸内で産生できるのは、
日本人で約5割、欧米人では約3割にとどまっています。
大豆イソフラボンを摂取しても、
腸内細菌の違いによって、エクオールを産生できない人がいるのです。
54071.jpg
 
加齢によるシワやたるみに良い変化
エクエル
112粒(1日4粒目安・28日分)
大豆に秘められたサポート力。
エクオール含有食品「EQUELLE(エクエル)」で、女性の健康と美をサポート。
販売価格4,320円 (税込)
お問い合わせは TEL。075-492-5223 ☆吉田薬局
 
腸管免疫 | Comments (-) | Trackbacks (-)

腸内環境づくり10の方法


腸内環境づくり10の方法
~健康づくりは、腸づくり~

様々な慢性病からの脱出、さらには日常の健康づくりは、
まず腸内細菌のバランスを改善することからはじまるのです。 
それは、腸内の「善玉菌」が減少する原因を取り除き、
積極的に「善玉菌」が増えやすい腸内環境を作っていくことです。

そのために注意すべきポイントを10項目、まとめてみました。
これらに留意して日常生活を送っていくと、
腸内細菌のバランスが正常化していくと共に、目に見えて体調も変わっていきます。

(1)おなかを冷やさないこと
腸内細菌にも、その最近が好む温度があります。往々にして腸内の「悪玉菌」は、冷たい温度を好むものが多いのです。だから腸が冷えてしまうと「善玉菌」が繁殖しにくくなります。「善玉菌」は、どちらかというと温かい温度を好む性質があるのです。

 そのために、できるだけお腹を冷やさないことが大切です。冷たい飲み物を飲む事、夏場のクーラーのかけすぎ、足の冷えなど注意しましょう。

 また、これは肥満にも繋がります。身体は冷やされれば、冷えから身体を保護する(断熱効果)ために脂肪がつきます。

(2)ストレスをためないこと
これは、クヨクヨしないということです。つまり、いつもプラス思考でいくように心がけるということです。

 ストレスが加わりますと、どうしても筋肉が緊張して腸の蠕動運動が弱くなっていきます。そして、瞬間的に胃や腸は緊張や異常な蠕動運動を繰り返します。すると血流が悪くなり、体温(消化器官の温度)が下がり、胃腸が冷えることになります。

 いつも大らかな気持ちでいくことが大切です。

(3)医薬品を乱用しないこと
現代の医薬品のほとんどは、腸内細菌のバランスを崩してしまいます。
「悪玉菌」も死にますが、「善玉菌」もどんどん殺されていきます。 
本来、腸内細菌は、「善玉菌」が増えれば「悪玉菌」が減少し、
「悪玉菌」が増えれば「善玉菌」が減少するという相関関係をもっています。
 医薬品のほとんどは、腸内の「善玉菌」を痛めつけ、
その結果「悪玉菌」を増殖させるものが多いので注意が必要です。

(4)有害添加物の摂取を控えること
防腐剤や着色料です。
これらには、抗菌性があります。特にタール系の着色料は、抗菌性が高いのです。
ハムや練り製品、インスタント食品などは、よく添加物の成分表示を見て購入するべきだと思います。

(5)揚げ物、炒め物など酸化した油の摂取を控えること
油は、空気に触れたとたん酸化がはじまり、加熱したとたんに酸化が促進されます。この酸化した油は、「悪玉菌」の温床となり、「悪玉菌」をどんどん増やしていきます。そうすると「善玉菌」は、どんどん減少していくのです。

 そのような観点から、油物は控えるというよりも、ほとんど摂らない方が良いと思われます。
ほうれん草の胡麻和えを作るとか 野菜のサラダのドレッシングには、良質なオイルにポン酢をブレンドするなど、加熱しないで油をつる方法を考えると良いでしょう。

(6)食物繊維を多くとること
これは、腸内に宿便をためないということが第一の理由です。さらに、食物繊維には腸内の有害物質を吸着して体外に排出するという働きもあるので、腸内の清掃をするにはもってこいなのです。

 今、水溶性食物繊維として脚光を浴びているものにオリゴ糖類があります。これらは、ビフィズス菌のエサになると共に大腸の整腸作用があり、便秘などを改善するという特徴があります。

 珈琲などのお飲み物やお料理に入れる甘みを使うなら、多少高くともオリゴ糖を使う方が体のためになるでしょう。 また、ご飯を炊く時にビートオリゴを混ぜるのも良い方法でしょう。

(7)主食をしっかり摂取すること

とにかく米、そしてその他の穀物類です。 これらをできる限り多く摂ることが大切です。穀物は、乳酸菌が増えやすいエサになります。

 できれば、白米よりも七分づき(胚芽米)に、麦やその他の雑穀をブレンドすれば非常に良いのです。 消化・吸収力の弱っている時の玄米食は、胃腸に負担をかける場合もあります。

(8)発酵食品を数多く食べること

 発酵食品は、「善玉菌」の活力になると同時に、栄養補給にも有効です。 食品は、納豆のように発酵させた方が、栄養価も吸収性も高いのです。ですから、どんどん食べた方が良いでしょう。また、主食(米)は、日本の発酵食品と非常に相性が良いです。 主食と発酵食品は、セットで考えましょう。

 納豆にしても、味噌汁にしても、つけもの、酢の物にしても、みんなご飯が進むおかずです。ご飯を食べて、発酵食品もとる。それが、腸内細菌のバランスを改善する最高の食習慣です。 とくに低血圧、低体温、貧血症の方にオススメです。

(9)睡眠時間を充分にとること

 細胞を活性化、あるいはしゅうふくするためには、それなりの休息、つまり睡眠が必要です。 女性の場合はよく分かると思うのですが、ゆっくり睡眠をとった翌朝は肌の針や化粧ののりが違うはずです。それは、それだけ皮膚の細胞が睡眠によって活性化したからです。皮膚の細胞が活性化しているということは、当然ながら体の他の細胞も活性化しているということになります。

 さらに、十分な睡眠は、ストレスにも強い心を作ってくれます。
 体調がすぐれないときの就寝時間は、なるべく夜10時前にしてください。同じ睡眠時間でも、10時前と12時以降では、細胞の修復力に大きな違いがあります。

(10)適度な運動をすること

体を動かすことにより血液循環を促します。
同時に発汗を促し体内の老廃物を体外に排出することができます。
そして、内臓の動きも消化液の分泌も良くなっていきます。
「気」「血」「動」の「動」の大きな目的は、
そのような形で全身の血流を良くし、筋肉の緊張を解いていくことにあるのです。

以上、10か条を守っていれば、ふと気づいたときには、
見違えるように体の調子がよくなっているはずです。
そのことを、まずは自分で実感するためにも ぜひ実践していただきたいと思います。
自分の健康は、だれでもない、自分自身が作っていくしかないのですから。

「自然治癒力を発動させる3つの条件」井草克一著より


textm06_05_c2.gif

23396_1.jpg
 
ナノ型乳酸菌
腸管免疫 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ラクティス 秋の増量キャンペーンのお知らせ

ラクティス 秋の増量キャンペーンのお知らせ
乳酸菌生成エキス
ラクティス10ml×30本入り1箱 + 10ml×5本増量
10/1~10/31まで
毎年好評の増量キャンペーン予約受付中です。
この機会にラクティスぜひお試し下さい。
3ヶ月分お申込みの方には さらに5本増量



「ラクティス」は、乳酸菌そのものではなく、
乳酸菌が作り出した、乳酸菌を増やすエキスです。

16種類の乳酸菌を、無農薬有機栽培で育てた豆乳の中で、
育て、鍛え、熟成し、乳酸菌を増やすために必要な成分だけを抽出した、
優れたエキスなんです。

「ラクティス」をご飲用いただくことで、
自然とおなかの中の乳酸菌を元気にし、
増やすことができます。

◆ ラクティス:『場所のこだわり』
「ラクティス」は富士山の麓、静岡県富士宮市で作られています。
それには3つの理由があります。空気がきれいなこと、
水がいいこと、気候が合っていること、当社の乳酸菌にピッタリの環境を探し、
25年前にこの地にたどりつきました。

◆ ラクティス:『原料のこだわり』
豆乳は、専用農場で育った【農薬と化学肥料不使用栽培の大豆】から作られています。
乳酸菌がたがいに鍛えあって育つための重要な材料になるものですから、
最高品質の大豆にこだわっています。

◆ ラクティス:『工程のこだわり』
16種類の乳酸菌を、牛乳ではなく、乳酸菌にとってはとても棲みにくい豆乳の中で
発酵・熟成させることで、力を高め、乳酸菌そのものではなく、
よりシャープな効果を発揮するエキスのみを、独自の方法で抽出しています。

img_11.jpg

31CY+MSWkcL__SL500_AA300_.jpg

photo_3.jpg
腸管免疫 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ナノ型乳酸菌nEC + 植物性乳酸菌YM2-2 + オリゴ糖

ナノ型乳酸菌nEC + 植物性乳酸菌YM2-2 + オリゴ糖
BG乳酸菌は小腸で働き、大腸で働く、ナノ型乳酸菌(nEC)と植物性乳酸菌(YM2-2)に大腸のビフィズス菌の増殖に働くオリゴ糖を加え、3つの素材が持つそれぞれの特性を最大限に引き出し、さらに相乗効果を引き出すことで、従来にはなかった新しいタイプの機能性食品素材です。

BG乳酸菌の利点
① 少量で多くの菌数を摂取できるように設計・開発されている(グラムあたり5兆個)
② 免疫賦活作用を誘導する特性に優れている
③ 生菌ではないため、耐熱性に優れ、品質が安定している
④ 生産ラインを汚染することがなく、衛生的に製造できる
⑤ 当社独自の検査法により、最終製品中の配合菌数測定が可能である

BG乳酸菌の機能性の概要
BG乳酸菌は小腸で免疫に働き、大腸では腸内環境の健康維持に働きます。

小腸での働き
BG乳酸菌は小腸粘膜組織に存在する「M細胞」を通して「パイエル板=免疫誘導組織」に取り込まれ、免疫系を活性化することで健康維持をポートします。
大腸での働き
大腸内フローラのバランスはビフィズス菌をはじめとする善玉菌が優勢に
維持されることが健康維持に重要といわれています。小腸で吸収された後の
BG乳酸菌はビフィズス菌を増殖させる成分として働きます。

BG乳酸菌が腸管免疫系に影響を与えるしくみ
小腸から吸収されたBG乳酸菌は自然免疫系・獲得免疫系(細胞性免疫
(Th1)・液性免疫(Th2))の正常化に働きかける。

23396_1.jpg
生環研のナノ型乳酸菌 60包(20包×3箱 ¥14,700 (税込)

☆吉田薬局では 症状に応じた奨めする素材、その結果を重視しています。
あなたの健康づくりのパトナーとしての役目を果たしたいと願っています。
あきらめていませんか?あなたのお話をお聞かせください。
腸管免疫 | Comments (-) | Trackbacks (-)
☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。