風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年05月
ARCHIVE ≫ 2011年05月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2011年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

*メタボリック症候群

*メタボリック症候群
単に脂肪組織が増加した状態である「肥満」(obesity)に対して、
医学的に減量が必要な肥満を「肥満症」(obesity disease)という(日本肥満学会)。
最近、肥満症と心血管イベント(冠動脈疾患、脳血管障害)の関係が大きくクローズアップされてきた。
肥満を単に体重増加(body mass index;BMIの増大)と捉えた場合、
心血管イベントヘの関与はそれほど大きくないが、他の危険因子を合併する病態の中心と捉えた場合、
関与の程度は飛躍的に増大する。
地域、人種差、性別、階層を変えたさまざまな大規模臨床研究により、
心血管イベントに共通の危険因子が抽出されている。
重要なのは個々に因子を有するより、軽度でも複数有する場合リスクが増大するという事実である。
この群は、単なる偶然ではなく共通の病態を背景に持つと考えられ、
主としてインスリン抵抗性の観点から論じられてきた。
近年、インスリン抵抗性を来す機序として、
内臓脂肪蓄積の重要性が明らかになってきた(内臓肥満症候群)。

最近、心血管イベントを効率的に予知するためメタボリック症候群という診断カテゴリーが提唱された。
メタボリック症候群では肥満の程度よりも内臓脂肪蓄積を重視している。

*メタボリック症候群の診断
腹囲、高トリグリセリド血症、低HDL-コレステロール血症、高血圧、
高血糖の5危険因子のうち、3つ以上満たす場合、メタボリック症候群と診断される。
メタボリック症候群は大規模臨床研究から動脈硬化性疾患のハイリスク群として抽出されてきたシンドロームX、
死の四重奏(deadly quartet)、インスリン抵抗性症候群、内臓肥満症候群、マルチプルリスクファクター症侯群に共通の病態を臨床的に簡便な指標で診断するものである。

メタボリック症候群では、各危険因子の重みづけは行わず、
まずそれと診断することで将来の心血管イベントのリスクを予測する。
メタボリック症候群と診断されると、12年間の冠血管死、心臓血管死がオッズ比3.77倍、3.55倍と報告されている。
メタボリック症候群の頻度は米国成人(20歳以上の男女8814名)で22%であった。ただし人種差があり、アジア人は軽度の肥満でもメタボリック症候群を発症しやすかったという(NHANESⅢ;全米健康・栄養調査)。
スポンサーサイト
☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。