風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年07月
ARCHIVE ≫ 2011年07月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2011年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

■免疫力が衰える原因は偏食など幾つかあるが、腸の善玉菌不足こそ重大原因と判明

■免疫力が衰える原因は偏食など幾つかあるが、腸の善玉菌不足こそ重大原因と判明

和食にしたらアトピーの人の8割が改善
免疫力(病気から体を守る力)の衰えによリアトピー性皮膚炎などのアレルギー病や、
慢性関節リウマチなどの自己免疫病に悩む人が激増しています。
ここでは、免疫力の衰えを招く原因についてくわしく解説しましよう。

まず、免疫力の衰えを招く原因としてよくいわれているのは、食生活の欧米化です。
日本人は、昭和三十年代までは野菜や大豆、魚などが中心の和食をよく食べていました。
免疫力を正常に保つためには、たんばく質・糖質・脂質のほか、ビタミンやミネラル(無機栄養素)といった微量栄養素をバランスよく十分にとる必要があリます。
微量栄養素が豊富なのは、緑黄色野粟、淡色野莱、根菜類、豆類などの野菜ですが、
利食はこうした食材をまんべんなく十分にとれる理想の食事です。

ところが、昭和三十年代以降、肉食中心の洋食やハンバーガーなどのファーストフードを食べるようになってから、日本人にアレルギー病が激増したのです。
洋食やファーストフードは、動物性たんぱく質や脂質ばかりが多くビタミンやミ、ネラルは少ないため、栄養不足に陥って免疫力の衰えを招きます。また、ダイェツトによる偏食も栄養不足を招く重大な原因になります。

下関市立中央病院小児科部長の永田良隆医師は、
アトピーの患者さん540人に、昭和三十年代ころの一般的な和食を食べてもらったところ、
80%の人が改善したとの結果(完治した人71%、症状の軽減した人9%)が得られたといいます。

口呼吸や唾眠不足運動不足も大敵
次に、免疫力の衰えを招く原因としては、口呼吸もあげられます。
口呼吸とは口で呼吸をすことで、鼻呼吸とは鼻で呼吸することです。
みなさんは、「呼吸をするのに口でも鼻でも同じではないか」と思っている人も多いかもしれません。
しかし、これは間違いで、呼吸は鼻でするのが正しい方法です。
なぜなら、本来は呼吸器官でない口で呼吸をすると、
鼻とのどの奥にある扁桃リンパ組織が損傷されます。

扁桃リンパ組織は、免疫を担う血液中の白血球を作る器官が集まっている重要な場所なので、
そこが損傷されると免疫力が衰えてアトピーや花粉症、リウマチなどさまざまな病気の原因になるのです。
前東京大学医学部付属病院講師で、
西原研究所所長の西原克成医師は、
口呼吸の患者さんを鼻呼吸に改めさせる治療をし、
アレルギー病や自己免疫疾患が治った患者さんがいると報告しています。
このほか、強いストレスや睡眠不足、運動不足なども免疫力が衰えるる重大原因といえます。

腸の書玉菌をどんどん増やそう
近年、免疫について研究が進む中、最も注目されてきているのは、
腸内細菌との関係についてです。
私たちの腸には約100種類、100兆個もの細菌が住みついているといわれます。
この腸内細菌が腸の粘膜を通して体の免疫のしくみを刺激し、
さまざまな影響を与えていることが、最近の研究で明らかになってきたのです。

体の免疫を直接的に担っているのは、血液中の白血球に含まれているリンパ球や顆粒球、
マクロファージ(大食細胞)などの免疫細胞です。
免疫細胞は血液やリンパ節の中など全身に散らばっていますが、
実は最も密集し、活躍している場所が腸なのです。
腸は毎日、大量の食べ物を受け入れ、消化しています。その内側の腸壁にはおびただしい数のの絨毛と乎ばれる小さな突起があり、その表面積はテニスコート一面分にも相当します。

絨毛は食べ物からの栄養を吸収する働きをしているため、
食べ物に病原菌が紛れ込んでいる場合、いっしょに吸収してしまう可能性も大きくなります。
それに対抗するために、腸壁の粘膜には、
パイエル板と呼ばれる特殊なリンパ節の組織があリ、
有害な病原菌やウイルスなどの異物(抗原)を撃退する働きをしています。
また、パイエル板は、抗原が侵入してきたときにIgAという抗体(異物が侵入したときに、
その害を防ぐために生まれる物質)を産出して全身に送り出します。
その結果、さらなる抗原の侵入に備えることができ、病原菌などを徹底的に排除するのです。

ところで、腸内に住みついている腸内細菌は、
人間にとって有益な働きをする乳酸菌などの善玉菌と、
有害な働きをする大腸菌などの悪玉菌に分けられます。
そして、その善玉菌と悪玉菌が互いにバランスを保ちながら優劣を競い合っているのです。
腸内に善玉菌が優勢であれば、有害物質を作り出す悪玉菌を退けるばかりか、
腸壁から免疫細胞を刺激して、全身の免疫の働きが正常になることがわかっています。
つまり、現在では、腸は体内の免疫力を左右する最重要器官であり、
その最重要器官である腸の善玉菌不足こそ、免疫力の衰えや低下を招く重大原因と考えられているのです。
アトピーやリウマチに悩む人は、腸の善玉菌を増やすことが大切であるわけが、おわかりいただけたでしょう。

51l+y+wxuEL__SL500_AA300_.jpg
スポンサーサイト
新型乳酸菌(EF-621菌) | Comments (-) | Trackbacks (-)
☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。