風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年10月
ARCHIVE ≫ 2011年10月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2011年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ターラリ、タラリ、ガマの油

ターラリ、タラリ、ガマの油は、徐々にしみ出してくるものと相場が決まっているようだ。
油を分泌する皮脂腺は、耳のうしろに一対ある。
後頭部に少し盛り上がった所があり、ポツポツと穴があいているところがそれであるこの皮脂腺は、常時働いているが、私の乏しい経験から推すと、生殖シーズンにもっとも分泌が盛んになるようである。
もっとも恋の季節に粘液の分泌が盛んになるのは、動物一般の傾向ではあるが…。
何故この粘液があるのか?それをカエルの生態に結びつけて結論を出した人はいない。
有名なのは、人の薬として古くから使われてきたことである。
しかし、それもガマの風貌から連想された薬効であり科学的な根拠は薄いようだ。
人間という動物は、根は臆病なくせに、変わったもの、グロテスクなものをすぐに薬にして服用したがる。イモリの黒焼き、マムシ酒、皆このたぐいの薬である。
ガマの油に発汗防止剤が含まれているのは確かだ。
微妙な指先の感覚にたよるバイオリニストは、その昔、これを手に塗って演奏したといわれている。
徹夜で観察を続けていた頃のこと。
この背中から吹出す(ターラリ、タラリではない、どっと出てくる)白い粘液の誘惑に耐えきれなくなって、どっぷり指先につけてなめてみた。
舌が曲がり、部屋を二、三度駆け回りたくなるほどの猛烈な苦さだった。
しまったと思ったが、しぶい顔はできない。
せっかくの珍味を一人占めしては造化の神に申し訳ないので、私は精いっぱいニッコリ笑うと、「うまい。こいつはいける」と舌なめずりをしてみせた。
半信半疑で手を出した仲間は、だが、すぐに、「その手には、のらないよ」と、手をひっこめてしまった。
シビレエイの発電器で前にこりているからだ。
シビレエイを開くと、中に手のひら大の白い発電器官があってまるで豆腐を思わせるつややかな外観を持っている。こいつはいけると料理したが最高の不味(まず)さ。
ヒトデを食ったときの方がまだましだった。
その時、わたしのいかにも美味しそうな表情につられて全員が箸をつけたが、食いもののうらみは恐ろしい。それ以後美味しいものをすすめる時には、まず逆に不味(まず)そうな顔をしなければならないようになった。

カエルの粘液は、苦かったが、不思議にからだがシャンとなり、元気が出てきた。
後日、このエキスから強心剤が発見されたという報告を読んだが、さもありなんである。
あの日、わたしだけが好調に徹夜を乗り切ったのは、
崇高な探求心のたまものだったということになろうか。

【引用文献】
畑正憲『われら動物みな兄弟』角川書店 (1972年)
hb03_04.gif
hb03_01.jpg
センソは、簡単にいえば、ガマの油ということになります。
スポンサーサイト
読み終えた本 | Comments (-) | Trackbacks (-)
☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。