風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年04月
ARCHIVE ≫ 2012年04月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2012年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

生活に結びついているクマザサ

クマザサの葉は晩秋から風がよく通る場所では、生き残りのため、
葉の外周の水分を蒸発させて白く変色します。
しかし、風があまり当たらない場所や雪の下に埋もれたクマザサは、
春になっても成長期のクマザサと同じ状態を保ち、隈取りはできません。

クマザサの成分の変化
 クマザサの葉は非常に水分を発散して乾燥しやすく、成分も採取時期により異なります。
秋のクマザサの葉にはクロロフィルの含有量が多く、成分(比重)がやや低いのが特徴です。
逆に、雪の下に埋まったクマザサの葉は、クロロフィルの含有量より成分(比重)が高いのが特徴です。
クマザサは成長期には葉にクロロフィルを多く蓄積し、
雪の下では成分(比重)を高めていることが分かります。
また、秋のクマザサの水分含有量は50%台が多く、
冬を過ごしたクマザサの水分は40%台とやや低いのが特徴です。

生活に結びついているクマザサ
 クマザサは古来日本人の生活と深く結びついてきた植物です。
クマザサと生活との結びつきは、主として食品を中心に笹飴、ちまき、鯖寿司、鱒寿司、笹寿司、
酒の防腐剤、食品の殺菌、防臭、加湿などに利用してきました。
特に、現在でもお寿司屋さんを中心に生葉の利用が盛んです。

hitokutimemo.jpg

sunchlon03.jpg
スポンサーサイト
生薬 | Comments (-) | Trackbacks (-)
☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。