風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年02月
ARCHIVE ≫ 2014年02月
      

≪ 前月 |  2014年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

小青竜湯 病院でも処方される機会の多い漢方薬 注意が必要な飲み合わせ・食べ合わせ

小青竜湯(ショウセイリュウトウ)を服用されている患者様から
飲み合わせ・食べ合わせについてご質問がありました。

小青竜湯(ショウセイリュウトウ)という方剤。

発汗作用があり、体の熱や腫れ、
あるいは痛みを発散させます。
また、水分バランスを調整する働きもあります。
西洋医学的には、
気管支拡張作用、抗アレルギー作用、抗炎症作用などが認められています。

具体的には、鼻カゼ、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、気管支喘息、花粉症などに用います。
とくに、カゼのひき始めなどでゾクゾク寒気がし、
クシャミや水っぽい鼻水がたくさんでて困るときに適します。
体力が中くらいの人に向く処方です。

【組成】
漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。
小青竜湯の構成生薬は下記の8種類です。
薬理的に重要な役割をする“麻黄”には、
交感神経刺激薬のエフェドリン類が含まれます。
この成分は、西洋医学の気管支拡張薬と同様の作用を示し、
咳やゼイゼイする喘鳴をおさえます。
そのほか、おだやかな発汗・発散作用のある“桂皮”、
痛みをやわらげる“芍薬”、
咳やアレルギー症状をおさえる“半夏”や“五味子”、“細辛”などが含まれます。
これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。
病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。

麻黄(マオウ)
桂皮(ケイヒ)
芍薬(シャクヤク)
半夏(ハンゲ)
五味子(ゴミシ)
細辛(サイシン)
乾姜(カンキョウ)
甘草(カンゾウ)

特徴 小青竜湯は、病院でも処方される機会の多い漢方薬です。
鼻カゼのほか、アレルギー性鼻炎や気管支喘息、花粉症などに広く用いられています。
方剤構成から“麻黄剤”に分類されます。
漢方薬理的には、体を温め病気を発散して治す“辛温発表剤”の部類です。
漢時代の「傷寒論」および「金匱要略」という古典書で紹介されている処方です。
適応証(体質)は、
表証(急性期)、
中間証(体力中くらい)、
寒証(冷え)、湿証(水分異常)となります。

【注意する人】
体がひどく弱っている「著しい虚証」の人、
胃腸の調子の悪い人、また、暑がりで発汗の多い人には向きません。

麻黄には、心臓や血管に負担をかける交感神経刺激薬のエフェドリン類が含まれます。
そのため、高血圧や心臓病、脳卒中既往など、
循環器系に病気のある人は慎重に用いる必要があります。

注意が必要なケース..虚証・裏証(虚弱、病中・病後の衰弱期)、
発汗の多い人、胃腸の病気、循環器系に病気または既往歴のある人(高血圧、心臓病、脳卒中)、
腎臓病、排尿障害、甲状腺機能亢進症のある人など。

飲み合わせ・食べ合わせ
エフェドリンやテオフィリンなど交感神経刺激作用のある薬との併用は慎重におこないます。
また、芍薬甘草湯など甘草を含む他の漢方薬といっしょに飲むときは、
「偽アルドステロン症」の副作用に注意が必要です。
飲み合わせに注意..他の麻黄剤、エフェドリン類含有製剤、
甲状腺製剤(チラーヂン)、カテコールアミン製剤(アドレナリン、イソプレナリン)、
テオフィリン(テオドール)、甘草含有製剤、グリチルリチン(グリチロン等)など。



E346169H_M2.jpg

スポンサーサイト
☆くすりの相談 | Comments (-) | Trackbacks (-)
☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。