風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年11月
ARCHIVE ≫ 2014年11月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2014年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

柴胡疎肝湯【さいこそかんとう】

イライラや緊張を伴う症状に
このような症状でお悩みの方に

・イライラしやすい
・目の充血や顔面紅潮
・動悸が激しい
・腸にガスがたまりやすい

このような方はカラダを巡る気が何処かで滞っている状態。 しばしば膨満感や痞えた感じを伴い、気持ちも塞ぐために、憂うつな感じがしたりします。

ストレスをコントロールする場合、漢方では生薬の柴胡の配合された処方が用いられます。 柴胡は芍薬、甘草などと合わせて用いられることにより、イライラ、緊張、不安、憂うつなどの精神的ストレス、しばしば伴う肉体的苦痛を解消する作用があります。漢方ではこの作用を疎肝解欝【そかんかいうつ】と呼び、 ストレスに伴う自律神経支配の領域の運動機能異常や、背部、胸脇部の筋緊張による違和感や膨満感、凝りなどを治める目的でも用いられます。「肝は筋を主る」とも言われており、ここでの筋とは運動を司る部分。末梢神経、腱、筋肉の収縮や運動は肝の支配下にあり、漢方では筋肉のトラブルはおおむね肝の異常と考えて、治療に当たるという側面ももっています。
「疎肝する」とは
疎肝するとは、肝気の伸びやかさを復活させたり、 胆汁分泌など肝臓から膵臓にかけての横の連絡を通ずるものと考えられています。

疎肝によってもたらされる作用
・気血をコントロールする
・水の通りを良くする
・胆汁や胃液等、消化管の分泌促進

柴胡疎肝湯【さいこそかんとう】
◎ストレスを強く訴える方に
◎胸部や脇腹の強い張り
◎不定愁訴性の疼痛に
スポンサーサイト
未分類 | Comments (-) | Trackbacks (-)
☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。