風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年06月
ARCHIVE ≫ 2015年06月
      

≪ 前月 |  2015年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

補陽還五湯は 脳卒中の後遺症によく使用されている処方

補陽還五湯 (ほようかんごとう)
血流が悪いために起こる筋力の低下、言葉のもつれに

補陽還五湯は中国では脳卒中の後遺症によく使用されている処方である。
脳卒中などで気が虚し、血が滞り栄養が全身に行き渡らないために起こる半身不随などの筋力の低下、
しびれや言葉のもつれ、尿モレなどに。
補陽還五湯適応
◆補陽還五湯は全身の(陽)気の総量を10(右半身:5、左半身:5)とした時、脳卒中などで半身不随になり片側が0になり、動かなくなってしまった状態を5にまで戻す(還五:5を還す)という意味で名前がつけられた。
◆王清任著『医林改錯』には「此の方は半身不随し、口眼歪斜(ワイシャ:口や眼が歪む)し、言語が蹇渋(ケンジュウ:うまく話せない状態)し、口角に涎が流れ、大便は乾燥し、小便は頻数し、遺尿(尿失禁)し不禁(大便の失禁)するを治す」とある。
気虚瘀血によりこのような症状が現われた際に、欠かせない処方である。
◆脳卒中には、脳の血管が詰まる脳梗塞と出血が起きる脳出血がある。
栄養状態がよい今の日本では脳梗塞が多く、補陽還五湯は脳梗塞で血流が悪くなり、その先に栄養が行かなくなる病態によい。
◆補陽還五湯は脳卒中による半身不随に使用するが、
意識がはっきりしていて体温が正常な時だけ使用する。
脳に出血がある時には用いない。
◆処方構成から、脳血管障害に限らず、一般的な血流停滞の状態で全身の機能低下を伴う「気虚瘀血」を目標にする。
高齢者や慢性病を長く患っている方、術後衰弱している方など気虚でパワー不足の方の血流障害に応用することが多い。

.【処方構成】7味

「気旺んなれば血行る」とあるように、本方は黄耆が主薬である。 黄耆は固表止汗で皮膚を強化する働きがあるが、本方の場合、運動麻痺などを改善する目的で配合している。
黄耆で気を補い、そのパワーでもって血の流れを良くする。
また、活血化瘀(血流改善)の働きがある 桃仁、紅花、芍薬、当帰、川芎や経絡の通りを良くする地竜で血流を改善する。
気を高め血流を改善する方意となっている。
スポンサーサイト
東洋医学 | Comments (-) | Trackbacks (-)
☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。