風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOPスポンサー広告 ≫ 糖尿病 診断基準改定TOP未分類 ≫ 糖尿病 診断基準改定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

糖尿病 診断基準改定

カラダのキモチ9月5日放送【「まだ大丈夫」が危ない!診断基準改定
糖尿病最前線▽徹底大研究糖尿病診断】の詳細情報です
下記に番組内容をご紹介します。

糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が高くなる病気で、動脈硬化・失明など、
重篤な合併症を引き起こしますが、自覚症状を伴わないこともあり、見逃されてしまう
こともあります。

そこで、早期発見・早期治療につながるようにと、今年7月から糖尿病についての
判断基準が新しくなり、血糖値は血液中のブドウ糖濃度ですが、体温や血圧と
同じように一定範囲で変動するため、ヘモグロビンA1cという新たな判断基準が
導入されました。

ヘモグロビンは赤血球の一種ですが、ヘモグロビンA1cはヘモグロビンにブドウ糖が付着
したもので、過去1~2か月の血糖値の平均を反映するため食事などで変動しません。

●糖尿病の診断基準(2010年7月改定)
※(1)~(3)のいずれか1つと(4)に該当する場合、糖尿病と診断される
(1)空腹時血糖値…126mg/dl以上
(2)随時血糖値…200mg/dl以上
(3)ブドウ糖負荷後2時間値…200mg/dl以上
(4)ヘモグロビンA1c…6.1%以上

正常な場合、食事をすると血液中のブドウ糖が増えてすい臓からインスリンが分泌され、
インスリンは細胞にあるカギをあけて血液中のブドウ糖を取り込み、血糖値は一定に
保たれますが、肥満によって脂肪細胞が増えるとインスリンの働きを悪くするホルモン
が分泌され、血糖値が下がらなくなります(インスリン抵抗性)。
インスリン抵抗性は肥満から糖尿病を発症する主な原因です。

高血糖が長く続くと血液中のブドウ糖が血管にこびりつき溜まった結果、細小血管障害を
引き起こし、糖尿病の合併症の原因となります。
また、高血糖で動脈硬化が進行すると心筋梗塞や脳梗塞など命の危険性も高まります。

●糖尿病の3大合併症
○糖尿病神経障害※手足のしびれ、感覚障害、壊疽(えそ)など
○糖尿病網膜症※失明など
○糖尿病腎症※腎不全など

日本人は欧米人と比べインスリンの分泌量が少ない民族であるため、食事と運動で
血糖値をコントロールする必要があります。
※自宅で血糖値を測定できる血糖自己測定器も販売されている



スポンサーサイト
未分類 | Comments (-) | Trackbacks (-)
☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。