風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOPスポンサー広告 ≫ 七草粥  新年の無病息災を願う習慣TOP京の今日・日記 ≫ 七草粥  新年の無病息災を願う習慣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

七草粥  新年の無病息災を願う習慣


7日といえば松の内(一般的には1月1日~1月7日)の最後の日にあたります。

七草粥が定着した背景には、お正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり、

青菜の不足しがちな冬場の栄養補給をする効用もあり、

この日に七草粥を食べることで、

新年の無病息災を願うようになりました。


七草粥は、せり、なずな(ぺんぺん草)、ごきょう(ははこ草)、

はこぺら、ほとけのざ、すずな(かぶ)、すずしろ(大根)の新芽を細かく刻み、

おかゆに混ぜ合わせます。

食欲のない時でも美味しく食べられるように、

味つけはサッパリとした塩味に調整します。


ゴギョウはハハコグサ、ハコベラはハコベ、スズナはカブ、

スズシロはダイコンのことです。

この七草をお粥にして1月7日に食べる七草粥の習慣は、江戸時代に広まったそうです

七草の効能
●せり……消化を助け黄疸をなくす
●なずな(ぺんぺん草)……視力、五臓に効果
●ごきょう(ははこ草)、……吐き気、痰、解熱に効果
●はこべら……歯ぐき、排尿に良い
●ホトケノザ……歯痛に効く
●スズナ(カブ)……消化促進、しもやけ、そばかす
●すずしろ(ダイコン)……胃健、咳き止め、神経痛
スポンサーサイト
Trackback

Trackback URL

☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。