風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOPスポンサー広告 ≫ 「ラブレ菌」は、京都の漬物「すぐき」の中から発見  液体AHCC+ナノ型ラブレ菌 +白山(石川県)の天然水TOPAHCC ≫ 「ラブレ菌」は、京都の漬物「すぐき」の中から発見  液体AHCC+ナノ型ラブレ菌 +白山(石川県)の天然水

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「ラブレ菌」は、京都の漬物「すぐき」の中から発見  液体AHCC+ナノ型ラブレ菌 +白山(石川県)の天然水

生命(いのち)というのは、生態系のつながりの中にあります。
一つの命が滅びても、生み出された新たな命が生命をつないでいきます。
自然界でも、動物の死した体は食物連鎖の中で別の命の支えとなり、

さらに大きな命の循環を支えます。
生命はいくつもの生命(いのち)に支えられ、限りのある生命を生きます
すべての
生命はつながりあって生きています。

そして今、私たちが、ここに在ります。

いのち本来の力のために  液体AHCC+ナノ型ラブレ菌 +白山(石川県)の天然水

液体AHCC「活性化多糖類関連化合物」
また、植物性乳酸菌の「ラブレ菌」も注目を集めています。
「ラブレ菌」は、京都の漬物「すぐき」の中から発見され、ヒトの体内でインターフェロンの一種であるインターフェロンαの産生能を高める作用があることが証明されています。
植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌よりも酸やアルカリ、温度変化にも強く、過酷な環境条件でも生息でき、生きたまま腸まで届くものが多く、腸が長めの日本人の体に適していると言えそうです。
乳酸菌の研究領域では、整腸作用、免疫賦活作用、抗アレルギー作用に加え、新規機能性の探索が盛んです。

イムノリンクには、AHCCが3g相当にナノ型ラブレ菌30mg(150億個)を配合し、さらに白山(石川県)の天然水を使用している。

 製品の特徴としては、AHCCにナノ型ラブレ菌を加えることにより腸内環境を整え、
AHCCとの相乗効果を期待したもの。価格は1本当たり1,000円(消費税別)。

イムノリンクは、活性化された多糖類である
AHCC配合飲料です。
毎日の健康を維持するためには、バランスのとれた食生活が不可欠。
でも、毎食心がけるとなると、なかなか難しいのが現実。

長年の研究を経て誕生した「イムノリンク;AHCC濃縮エキス」は
活性化された多糖類であるAHCCを配合。
健やかでバランスのとれた食生活をサポートします。

主成分は食用キノコ類の菌糸体エキスですので体にも優しく、
毎日安心してご愛用いただけます。

イムノリンクは、活性化された多糖類である
AHCC配合飲料のドリンクなので、水やコップなども不要ですから、いつでもどこでも
お手軽にご利用いただくことができます。
粉末や粒などに抵抗のある方にもおすすめ。

160_160_05.jpg




イムノリンクについてのQ&A
Q:イムノリンクは、1日どのくらい飲めばいいのですか?
A:イムノリンクは食品ですから決められた量はありません。
また、一度にたくさん飲んだからといって特別健康に良いわけではありません。お食事と同じで、1度にまとめて召し上がるよりは数回に分けてお召し上がり下さい。
継続が力を産みます。
一応の目安をとして、ご紹介させていただきます。
健康習慣のひとつとして飲みたい時は、朝1日1本
より積極的に飲みたい時は、1日3本~4本程度

Q:イムノリンクを飲む時間に決まりはあるの?
A:食品ですので、いつお飲みいただいても結構です。一般的には、空腹時にお飲みになるのがよいでしょう。
Q:イムノリンクは飲みやすいですか?
A:飲みやすい自然風味です。常温で飲めます.
 良く振ってお飲み下さい。
AHCCがびんの底に残った場合お湯を注いでお飲みください。
【本品は送料・代引手数料無料でお届け】

◆防腐剤不使用
◆低カロリータイプ
◆良く振ってお飲み下さい。
◆衛生的な樹脂容器で携帯性もUP
E072128H_S2.jpg

漢方・吉田薬局 @yoshida-drug home page
o010100761305804122820.gif


万物は陰を背負い、陽を抱く 老子
スポンサーサイト
AHCC | Comments (-) | Trackbacks (-)
☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。