風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOPスポンサー広告 ≫ 震災に関連して(防災用品と放射能) 防災用品の一覧です。TOP京の今日・日記 ≫ 震災に関連して(防災用品と放射能) 防災用品の一覧です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

震災に関連して(防災用品と放射能) 防災用品の一覧です。

今日の話題:震災に関連して(防災用品と放射能)

防災用品の一覧です。

できるだけ家庭にあるものを利用し買いだめにはしらない。

防災手帳をコピーして提供いたしております。

日本経済新聞 ここから原文
 大地震発生後、本格的な救援活動が開始されるまでには3日ほど見ておく必要
があるといわれる。

その間をしのぎ、避難所や自宅などで過ごすには、

下記のリストにあるような「必需品」は不可欠.

自宅から持ち出すかコンビニエンスストアなどで調達したい。

「あると便利な品」一覧も参考にしてほしい。

 被災地以外でも、親類や友人が被災した場合などに支援品を送るリストとして
も活用できる。これを機に非常用持ち出し袋や防災用備蓄を用意してほしいし、
すでにある家庭は中身を確認して補充したい。

 食料は3日分は必需品。保存期間が長く、火を通さずに食べられるものが便利
なため、缶詰、インスタントラーメン、乾パンが定番だ。

「あると便利な品」の
一覧にあるように、高カロリーのチョコレートは体力の消耗を防いでくれる。

糖分補給はキャラメルもいい。水だけで戻せるアルファー化米も便利。

調味料は軽い割に体力を保つ効果がある。

 家屋に損傷がなく自宅で過ごす場合でも、ライフライン、特にガスは復旧が遅
いこともあるため、カセットコンロがあると温かい食べ物が食べられる。

紙コップや紙皿も重宝するはずだ。

 飲料水は3日分、最低1人1日3リットルは必要だ。水以外では甘くない飲料
がおすすめだ。

 けがをしたり体調を崩すこともあるので、傷薬、胃腸薬、かぜ薬、消毒薬など
は必需品。とげ抜きもあった方がいい。当然ながら、持病のある人は常用薬、女
性は生理用品、赤ちゃんにはミルクや紙おむつは欠かせない。

 懐中電灯や携帯ラジオは必携だが、交換用の乾電池も忘れないようにしたい。

 日用品はちり紙、缶切り、マッチなど、衣類は毛布、下着など、貴重品は現金、
印鑑、預金通帳などを忘れずに。トイレットペーパーはかさばらぬよう芯を抜い
てつぶしておくのがコツだ。自動販売機などでの買い物に小銭は多い方がいい。

 阪神大震災の経験者らに聞いてみると、意外に役立つ品も多い。キッチン用の
ラップは体に巻き付けると止血や防寒に役立つし、食器にかぶせて食べ終わった
らラップだけ捨てれば、断水で食器が洗えなくても衛生的。粘着テープは散乱し
たガラス片などを取り除くのに有効だ。

 また眼鏡やコンタクトレンズが必要な人は、震災で眼鏡が割れたりした場合、
前に使っていたものでもいいので予備の眼鏡があるといい。ライターも、できれ
ば防風にすぐれたオイルライターが使いやすい。


■必需品
※総務省消防庁や内閣府が選定した災害時の非常持ち出し品リスト
◇食料品
 インスタント食品、乾パン、缶詰
◇飲料水
 3日分。目安は1人1日3リットル
◇医薬品
 消毒液、傷薬、胃腸薬、かぜ薬、脱脂綿、ばんそうこう、包帯、マスクなど
◇日用品
 ちり紙、懐中電灯、ラジオ、電池、缶切り、ナイフ、マッチ、生理用品
◇衣類など
 毛布、下着、セーターやジャンパー類、軍手など厚手の手袋、防災ずきん、ヘ
ルメット
◇その他
 現金、印鑑、預金通帳など。赤ちゃんのいる家ではミルク、ほ乳瓶、紙おむつ
■あると便利な品
◇食料品
 アルファー化米(水だけで戻せる)
 チョコレートやキャラメル(糖分補給)
 調味料(塩:脱水防止、酢:疲労回復)
◇飲料
 砂糖の少ない飲料(甘い飲料はのどが渇きやすくなるため)
◇医薬品など
 とげ抜き、目薬など
◇日用品
 ウエットティッシュ(止血、清浄など)
 油性ペン(連絡、伝言など)
 粘着テープ(散乱ガラス除去など)
 タオル(止血、防寒など)
 ビニールシート(防寒、防水など)
 キッチン用ラップ(止血、防寒など)、アルミはく
 ポリタンク(生活用水運搬、トイレなど)
 ごみ袋(防水、荷物運搬など)
 ライター(防寒、救助信号など)
 スリッパ、洗面用具
 使い捨てカイロ
 カセットコンロ
 紙コップ、紙皿
 予備の眼鏡




2.放射能について
 患者さんとの会話(放射線の測定単位について)

最も一般的に使われるのは、放射線が人体に与える影響を示す放射線量「シーベ
ルト(Sv)」。放射線を出す放射性物質の種類によって人体への影響が変わる
ため、数値が異なります。

 放射線は宇宙や大地、空気、食物などからも出ており、人間は常に一定量を浴
びています。土壌のタイプなどによって異なりますが、世界では、日常生活の中
で平均年 2.4ミリシーベルトを浴びています。

 放射線が出るラジウム温泉があるイラン北部のラムサールでは、年間に浴びる
量は10ミリシーベルトになるともいわれています。

 また、飛行機に乗ると、宇宙に近付くので宇宙から舞ってくる宇宙線に浴びる
量は増えます。東京、米ニューヨーク間の様な長距離の場合、高度が高いため
1往復すると0.2ミリシーベルトの被爆となります。

 胸部間接撮影のレントゲンでは、0.1mSv、バリュウムを飲む胃の透視で15mSv
程度の被曝量となります。

 一般の人が浴びる放射線量の限度は、自然の放射線やエックス線などの医療用
を除き年1ミリシーベルトと定められています。

 原発が正常に稼働している時に出る放射線量の目標値は年0.05ミリシーベルト
で、実際には年0.001ミリシーベルト未満であることが多いのです。

 今回の事故では原発のそばで一時、1時間あたり1ミリシーベルトに相当する
放射線が測定されました。

 人体に影響が出てくるのは1時間あたり100ミリシーベルト超とされるので、
それほど危険な水準には見えませんが、その場に長時間滞在し、連続して被爆
するような状況下にいるのは大変問題な放射線量とも言えます。

**社団法人宮城県放射線技師会のホームページを元に加筆

3.ヨード剤
 患者さんとの会話(ヨード剤の服用について)

放射能事故の際になぜヨード剤を服用するかといいますと、放射性ヨウ素131
が体内に吸収され甲状腺に蓄積し、体内から放射能を被曝する(=内部被曝)こ
とを防ぐために、予め普通のヨウ素で甲状腺を満たしておき放射性ヨウ素が体内
に入らないようにするために服用するのです。
 ヨウ素、なかんづくヨウ素が属するハロゲン族(塩素やフッ素も仲間)は化学
的活性が高く生物学的には危険性の高い物質で、過剰に摂取すると有害ですらあ
ります。

 味噌汁とかサラダで海草を摂る機会が多い日本人はヨウ素欠乏を起こすことは
稀です。
 ちなみに、イソジンは消毒薬ですので、緊急避難的に使用する場合は別として、
その様な状況ではないときには服用しないでください。。
 
 根昆布、わかめなどの海草類を多く食べてくださいね。
 
 インターネット上の被爆とヨード剤の話題から抜粋
 

スポンサーサイト
京の今日・日記 | Comments (-) | Trackbacks (-)
☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。