風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOPスポンサー広告 ≫ ☆血液成分を作り替えるために取るべきは「青魚&青野菜」TOP食の養生 ≫ ☆血液成分を作り替えるために取るべきは「青魚&青野菜」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

☆血液成分を作り替えるために取るべきは「青魚&青野菜」

☆血液成分を作り替えるために取るべきは「青魚&青野菜」
健康診断の血液検査で「要注意」の指示があった人に向けて、「血液力を高め
る食事法」
☆血液中の水分や栄養がバランス良く含まれ、
白血球・赤血球・ 血小板が正常に働いている状態が健康な血液です
→血液中の脂肪や糖のバランスが崩れると動脈硬化に。
血栓ができて、心疾患や脳血管疾患などの原因にもなる
★血液の成分は日々の生活で改善することができる
 →食べたものが原料となり、数週間で血液成分は入れ替わる。
青野菜と青魚を取ることがお薦めです
☆青野菜とは、ホウレンソウ・小松菜・ニラ・春菊・
モロヘイヤ・水菜・オクラ・ピーマン・シシトウ・ブロッコリーなど
 →抗酸化ビタミンA ・C・ Eが含まれ、コレステロールの酸化を防ぐ
 →赤血球を作るのに欠かせない鉄分も豊富。
ビタミンCによって体内で鉄の吸収率が良くなる
★青魚とは、サバ・アジ・イワシ・サンマ・カツオ・
マグロ・ブリ・ハマチなど
 →良質なタンパク質が血管を丈夫にする。
EPAとDHAが コレステロールや中性脂肪を下げる
☆青魚と青野菜は、それぞれ50g、週に3~4回を目安に
 →缶詰の魚は旬のときに製造され、 EPAやDHAが酸化せずに閉じ込められてい
  るので有効に使いたい

≫ コ メ ント
健康診断の血液検査で「要注意」の指示があった人に向けて、
「血液力を高める食事法」が紹介
。血液の質が悪いと、長い期間をかけて血管では
動脈硬化が起こり、心疾患や脳血管疾患につながっていく……
「青野菜と青魚」を意識的に取ることで、
数週間ほどで血液の成分は入れ替わる!。

青野菜と青魚は覚えやすいですね。
今は、アジやカツオなど旬の魚がたくさん並んでいて、
実践しやすそうです。
またEPAやDHAが酸化されずに閉じ込められた缶詰の魚も、
野菜やキノコと合わせて炒めるとおいしくいただけるそうです。

5月13日(金)放映 TBS「はなまるマーケット」参考
番組URL: http://www.tbs.co.jp/hanamaru/
参考:Am J Clin Nutr. 2006 Jun;83(6 Suppl):1477S-1482S.
「n-3 fatty acids and cardiovascular disease.」
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16841857

o010100761305804122820.gif
@yoshida-drug home page
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。