風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOPスポンサー広告 ≫ 糖尿病治療の基本は適切な食事療法と運動療法TOP☆くすりの相談 ≫ 糖尿病治療の基本は適切な食事療法と運動療法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

糖尿病治療の基本は適切な食事療法と運動療法

糖尿病治療の基本は適切な食事療法と運動療法
2010年04月19日

合併症は高血糖が長年にわたって続くと起きますが、
血糖降下剤の服用の目的は血糖を適切にコントロールし、合併症を予防することです。
 
糖尿病治療の基本は適切な食事療法と運動療法で、
それで効果が不十分な時にくすりを服用しますが、
くすりをのみはじめたからといって食事療法をやめてしまうと、
くすりの効果も十分に現れません。

血糖降下剤の多くやインスリンは、正しく使用しないと効果がでない場合や、
逆に低血糖を引き起こすことがあります。
血糖降下剤の服用やインスリンの注射だけをして、
食事を取らずにいると低血糖になる場合があります。
くすりやインスリンにはそれぞれに適切な使用法があるので、
くすりの説明をよく読み、薬剤師や医師の指導のもと正しい使用を守るよう心がけてください。

また風邪など他の病気で具合が悪い時は糖の代謝が変わり、くすりやインスリンの量を加減する必要もあります。
􀀀 血糖コントロールの目安となる血液検査値(HbA1c)を6.5%以下に保つ。
 
安直に自己判断でくすりをのむのをやめたり、
量を調整したりしない(やめると血糖は上がってしまいます)。

・ 長く服用しますから、患者さんも治療の目的、
効能、副作用をよく知っておくことが大切。
・ のみっ放しでなく、くすりによる治療が適切かどうか、
定期的に医師に受診し、検査をして調節、管理していくことが必要。

糖尿病の患者さんは、糖尿病性腎症や動脈硬化性疾患の予防のため、
高血圧、高脂血症、血管や血液にはたらくくすりなど、患者さんに応じて、
いろいろなくすりが処方されます。
特にご年配の方は、別の病気でもくすりを処方されていることが多く、
のみあわせによる副作用が現れることもあります。
2つ以上の医療機関にかかっている場合は特に注意が必要です。
何か変化を感じたら、服用を中止するか医師や薬剤師に相談してください。

o010100761305804122820.gif
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。