風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOPスポンサー広告 ≫ ・無症状と無関心が糖尿病を怖い病気にするTOP生活の養生法 ≫ ・無症状と無関心が糖尿病を怖い病気にする

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

・無症状と無関心が糖尿病を怖い病気にする

無症状と無関心が糖尿病を怖い病気にする
2010年04月15日
糖尿病の主役は患者さん自身である
・治療の目標は血糖値を正常に戻すこと
良好な血糖コントロールは「糖尿病のない人と同じ健康状態」を長く保つ
糖尿病を正しく認識し、行わなければならないことを確実に実行する

糖尿病をよく知ろう
・糖尿病は血液中のブドウ糖が増え過ぎて発症する
・糖尿病は高血糖が長年続く病気であり、合併症の基になる病気
・糖尿病はインスリンを分泌し、効率よく利用する糖代謝機能が壊れて発症する
・糖尿病はインスリンの無駄遣いから発症する

インスリンの利用が悪い状態→インスリン抵抗性が高い、インスリン感受性が低いという
・糖尿病は遺伝に生活習慣が加わり発症する
・食べ過ぎ、肥満、ストレスなどがインスリンの無駄遣いの原因
・糖尿病は代表的な生活習慣病
・肥満が糖尿病を発症させ、病状を進行させる
・内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満

内臓脂肪型肥満は高血糖、高脂血症、高血圧、高尿酸血症などを複合的に起こす
・怖い糖尿病の合併症
・ 高血糖は血管をボロボロにする 
・ →三大合併症:糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害
細い血管の障害:糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症
細い血管の障害と糖代謝異常の直接的影響:糖尿病性神経障害
→太い血管の障害は動脈硬化を起こす:心筋梗塞、脳梗塞、下肢の壊疽

・合併症が糖尿病患者の寿命を縮める
→糖尿病患者の平均寿命は日本人の平均寿命に比べ10年以上短い

2010_0504_121059-IMG_0165.jpg


・無症状と無関心が糖尿病を怖い病気にする

・10人に1人が初診時に網膜症を発症している

・健康診断を受け早期発見し治療を受けよう
・糖尿病は小学生から高齢者まで幅広く発病し、その時期が分からない
・糖尿病患者は増え続けている
・700万人の患者と700万人の予備軍
・糖尿病患者は年間40万人増加している
・若年者の糖尿病が増加している
・厚生労働省の「健康日本21」の目標 
→2010年に糖尿病患者を1,000万人に抑制すること

・人種により「糖尿病になりやすさ」は違う
→インスリンの分泌能力が小さい(日本人は20~30%が糖尿病になりやすい遺伝子を持つ)
糖尿病があっても健康な生活を楽しめる
・よくコントロールされた糖尿病は「病気ではない」ことを知ろう
・生活習慣の中から危険因子を除く努力をしよう
・軽症であるうちに早期発見し、早期治療することが重要
・境界型糖尿病は食事と運動の治療を行う
・無症状と無関心が糖尿病を怖い病気にする
・10人に1人が初診時に網膜症を発症している
・健康診断を受け早期発見し治療を受けよう
・糖尿病は小学生から高齢者まで幅広く発病し、その時期が分からない

・糖尿病患者は増え続けている

・700万人の患者と700万人の予備軍

・糖尿病患者は年間40万人増加している
・若年者の糖尿病が増加している
・厚生労働省の「健康日本21」の目標 
→2010年に糖尿病患者を1,000万人に抑制すること

・人種により「糖尿病になりやすさ」は違う
→インスリンの分泌能力が小さい(日本人は20~30%が糖尿病になりやすい遺伝子を持つ)
糖尿病があっても健康な生活を楽しめる

・よくコントロールされた糖尿病は「病気ではない」ことを知ろう
・生活習慣の中から危険因子を除く努力をしよう
・軽症であるうちに早期発見し、早期治療することが重要
・境界型糖尿病は食事と運動の治療を行う
o010100761305804122820.gif
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。