風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOPスポンサー広告 ≫ 京都では六月三十日は「夏越祓」(なごしのはらえ)の日です。TOP京の今日・日記 ≫ 京都では六月三十日は「夏越祓」(なごしのはらえ)の日です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

京都では六月三十日は「夏越祓」(なごしのはらえ)の日です。


京都では六月三十日は「夏越祓」(なごしのはらえ)の日です。

「夏越祓」は「 水無月の祓い」とも呼ばれる。
この半年の罪のけがれを祓い、夏以降の疫病除けを祈願する行事です。
上賀茂神社では、茅の輪くぐりの神事の後、
神職が何千体もの紙の人形を手で一体ずつ
楢の小川に流して穢れを祓う「人形流し」が行われます。

夏越の祓では多くの神社で「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」が行われます。
これは、茅草で作られた輪の中を左まわり、右まわり、
左まわりと八の字に三回通って
穢れを祓うものです。
京都の多くの神社で準備されています。

この「夏越祓」に用いられるのが、和菓子「水無月」です。
水無月は、白の外良(ういろう)に小豆をのせ、
三角形に切られた京菓子です。
それぞれに意味がこめられています。
水無月の上部にある小豆は厄払いの意味があり、
三角の形は暑気を払う氷を表しているといわれています。

800DSC00204.jpg


半夏生(はんげしょう)とは、
半夏(烏柄杓)という薬草が生えるころのことで、
夏至から数えて11日目頃とされています。
農家にとっては大事な節目の日で、
この日までに農作業を終え、
昔の農家にとっては田植えの目安とも言われました。
「チュウ(夏至)ははずせ、ハンゲ(半夏生)は待つな」ということわざがある様に、
夏至が済んでから半夏生に入るまでに田植えを終わらせるのが好ましいとされます。
この日から5日間は休みとする地方もあるそうです。
この日は天から毒気が降るといわれ、
井戸にフタをして毒気を防いだりしたそうです。

この半夏生にタコを食べるのは、
古来より農耕民族のお祭りとして、
田植えが終了した時期に稲の根がタコのように地に吸い付き、
根付くよう祈願して、食されてきた風習です。


上方ではこの日に蛸を、讃岐では饂飩を、
福井県では大野市などで焼き鯖を食べる習慣がある。

タコには疲労回復効果が期待出来るタウリンや亜鉛が豊富に含まれています。
昔の人の知恵として田植えが終わった後の疲労回復や、
夏バテを防止する為の策だったのかもしれませんね

本格的な暑い夏を乗り切るための生活の知恵を取り入れよう
スポンサーサイト
京の今日・日記 | Comments (-) | Trackbacks (-)
☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。