風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOPスポンサー広告 ≫ 携帯電話の電磁波とがん発症の関連性についてTOPがんリスク ≫ 携帯電話の電磁波とがん発症の関連性について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

携帯電話の電磁波とがん発症の関連性について

携帯電話の電磁波とがん発症の関連性について
世界保健機関(WHO)の専門組織、
国際がん研究機関(本部フランス・リヨン)は31日、
「聴神経腫瘍や(脳腫瘍の一種である)神経膠腫(こうしゅ)の危険性が限
定的ながら認められる」との調査結果を発表した。
WHOの組織が携帯電話に関して発がん性を指摘したのは初めて。

 国際がん研究機関は危険性の数値化はしておらず、
「(最終的な結果を得るためには)今後、携帯電話の長時間使用について調査を続ける必要がある」として
いる。
同機関の分類では、電磁波による発がんの危険性について得られている証拠の確実性は、
鉛やコーヒーと同じ部類に入るという。

 当面の対策としては「(耳に触れずに)携帯電話のメールを使うなど直接電磁
波に触れないような使用方法が重要だ」と指摘。なるべく携帯電話本体に触れる
時間を短くするよう提案した。

 国際がん研究機関は、1日30分間、10年以上使用を続けている場合、神経
膠腫の発症危険性が1・4倍になるとした過去の研究結果を紹介。

 発がん性の評価については(1)臨床的に十分な実証がある(2)臨床的には
限定的な実証しかないが、動物実験では十分な実証がある(3)動物実験でも実
証が十分とはいえない-といった段階分けをしており、今回は(3)に分類される
という。

 国際がん研究機関は昨年5月にも、
日米欧など世界13カ国で脳腫瘍患者と健康な人、
計約1万3千人を対象とした最大規模の調査結果を発表。
この時点では
「携帯電話の使用が脳腫瘍の発生の危険を増やすとは認められない」としていた。

 今回の調査は、過去の欧米での研究、動物実験などを14カ国、31人の研究
グループが検証した結果をまとめた。
近く医学専門誌に掲載される。

電磁波と健康
 携帯電話が発する高周波電磁波の健康への影響については国内外で研究が進め
られている。
発がんリスクが高まると指摘する研究者もいるが、
明確な結論は出ていない。
米国立衛生研究所(NIH)は2月、携帯電話を耳に当てて使用する
と周辺の脳細胞のエネルギー消費が活発になるとの研究結果を発表する一方、健
康に悪影響があるかは不明とした。
電化製品や高圧送電線が出す超低周波電磁波の人体影響については
世界保健機関(WHO)が2007年、
小児白血病との関連が否定できない」として各国に法整備を呼び掛けた。

---ここまで原文---

ここで、今回WHOが区分したリスクは、毎日毎日一般の人が一般的な回数
[コーヒー]を飲み続けたときの発がん率と同じクラスです。

 今回の評価では、携帯電話使用と発がんの因果関係は5段階の分類で3番目
(グループ2Bで)と、
コーヒーの摂取やガソリンの排ガス吸引などと同じレベルとされた。
因果関係が最も確かなレベルに分類されている
喫煙などと比べると不確かな部分もある。

携帯電話、がん危険性も 限定的とWHO組織初指摘 長時間の本体接触避けて
2011年6月1日 提供:共同通信社 【ジュネーブ共同】
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。