風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOPスポンサー広告 ≫ 糖尿病の診断基準TOP☆くすりの相談 ≫ 糖尿病の診断基準

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

糖尿病の診断基準

糖尿病の診断基準が新しくなったそうですが、教えてください。

A  糖尿病診断基準が改定され、施行されました。
新しくなる診断基準の中で最も注目されるのは、
診断基準に「HbA1c6.5%以上」(6.1%[JDS値]が追加されたことです。)
従来の診断基準では、
①空腹時血糖値126mg/dL以上②75g糖負荷試験で2時間値200mg/dL以上③随時血糖値200mg/dL以上のいずれかが再現性を持って認められる場合に糖尿病と診断されており、
HbA1c値は補助的な位置付けでした。
しかし、HbA1cは検査が行いやすく、
慢性の高血糖状態をよりよく反映する指標として有用であることから、
今回の改訂で、「補助的な項目」からより上位となる診断基準の1つとして取り上げられました。
 
新診断基準にHbA1c値が加わりましたが、
糖尿病の診断は血糖値とHbA1cの両方を評価するよう定められており、
血糖値は必須のまま変わりません。
患者が「HbA1c6.5%以上(6.1%〔JDS値〕)」のみを満たすだけでは糖尿病と診断できず、
HbA1cと同時あるいは再検査で血糖値を測定し、
血糖値も診断基準を超えて糖尿病型であった場合に糖尿病と診断されます。
1回目の検査でHbA1c値が6.5%以上(6.1%〔JDS値〕)で糖尿病型と診断され、
再検査で再度糖尿病型と診断されても、
血糖値が糖尿病型でなければあくまでも「糖尿病疑い」にとどまるとされました。
 
HbA1c値については、日本独自の測定法によって得られるJDS値を、
欧米を中心に使われている測定法によって得られるNGSP値に換算します。
診断基準の6.5%はNGSP値相当であり、
現行の日本の測定法によるJDS値では6.1%となります。
約1年後から、HbA1cはHGSP値に相当する値として表記しますが、
HbA1c測定方法はこれまでと変わらず、
あくまでJDS値に0.4を足した値をNGSP値として示すことになります。


スポンサーサイト
☆くすりの相談 | Comments (-) | Trackbacks (-)
☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。