風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOPスポンサー広告 ≫ Q.免疫ミルク(イムノラクト;スターリミルク)とはTOP免疫ミルク ≫ Q.免疫ミルク(イムノラクト;スターリミルク)とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

Q.免疫ミルク(イムノラクト;スターリミルク)とは

Q.免疫ミルク(イムノラクト;スターリミルク)とは

A.免疫ミルクとは、母乳の初乳※1の働きに着目して開発された「免疫力を意図的に高めたミルク」の総称です。脱脂粉乳の形態で、食品に分類されています。米国では、スターリ社とニュージーランド酪農公社が共同で開発し、食品としてFDA(米国食品医薬品局)及びUSDA(農務省)で認可されています。日本では、その製品を兼松ウェルネス(株)が「スターリミルク」の商品名で販売し広く知られています。
※1:出産直後の母乳(初乳)は、免疫力を高める抗体(IgGやIgA)やラクトフェリン等が多く含まれ、生まれたばかりの赤ちゃんを病原菌から守る役割を果たしています。

<免疫ミルクの製造工程>
人に感染する大腸菌やサルモネラ菌、ブドウ球菌などの26種類の細菌を加熱により無害化し、ワクチンとして乳牛に接種することで、ウシの体内でIgGなどの抗体※2や栄養成分を作ります。これらの成分を含んだ牛乳は脱脂、低温乾燥し脱脂粉乳に加工されます。
※2:IgGなどの抗体は高温加熱や激しい攪拌などによって活性を失いやすく、市販の牛乳にはほとんど含まれていません。

<免疫ミルクの成分・特長>
抗体成分の他に抗炎症因子、食細胞活性化因子などの機能性成分が含まれ、栄養成分は市販の牛乳に比べ、タンパク質、カルシウムなどが多く含まれます。これらの成分は、腸内環境の改善や免疫作用を調整するなどの働きがあるといわれ研究されています。

<注意>育児粉乳ではないので、育児粉乳用としては使用できません。
以下のような方の飲用は控えたほうがよいといわれています。
・乳糖不耐症(乳糖やカゼインを取り除いた錠剤タイプの製品があります。
・牛乳アレルギーや食物アレルギー
・腎臓病で医師からタンパク質などの栄養摂取の制限をされている。
・重い肝臓病
・妊娠中
●商品・用法など● 
・スターリミルク:1995年に日本で最初に発売された免疫ミルクの製品。

商品名
形状 用法など
イムノラクト
粉末 1日1~2袋を目安に100~150mL程度の水又はぬるま湯(約50℃以下:口にして熱くない程度)に溶かして飲む。
*50℃以上の湯に溶かすとIgGなどの活性が失われます。
●主な成分●
ラクトフェリン

イムノラクト 30袋 3個プラス1個プレゼント【送料・手数料無料】



imuno.jpg
スポンサーサイト
免疫ミルク | Comments (-) | Trackbacks (-)
☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。