風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOPスポンサー広告 ≫ 「ごはんとネバネバ食品の組み合わせ」が血糖値上昇を抑えるTOP未分類 ≫ 「ごはんとネバネバ食品の組み合わせ」が血糖値上昇を抑える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「ごはんとネバネバ食品の組み合わせ」が血糖値上昇を抑える

.「ごはんとネバネバ食品の組み合わせ」が血糖値上昇を抑える
……………………………………………………………………………………………
★小麦たんぱくの一種であるグルテンは、摂取後に細かい分子となって脳に到
 達し気分を高揚させる
 →朝に小麦をとると、お昼にもパスタが食べたくなるなど「クセ」になるこ
  とが最新研究で判明。食べないと気分をふさがれるなど禁断症状のような
  ものも
★食後高血糖の抑制効果が得られる日本食の組み合わせ研究(徳島大学)
 →オクラや納豆、長芋など粘性のある副菜とごはんを一緒に食べると食後血
  糖値の上昇が低く抑えられる
★水溶性食物繊維を豊富に含む麦ごはんも血糖値上昇を抑える
 →ごはんに麦を3割以上混ぜるとインスリンを抑えるという研究結果あり
★ごはんはどう選ぶ?
 →ビタミンB群、食物繊維が最も多いのが玄米。有機か減農薬を選ぶ。よく噛
  んで食べること
 →玄米かぬか層を取り除いた胚芽米もおすすめ。米に大麦や雑穀、キノコを
  混ぜて炊くのもよい
★パンは白いパンではなく黒いパンを選ぶと良い
 →未精製の粉や雑穀入りで、ショートニングなどトランス脂肪酸を含む油を
  使わないもの。ドライフルーツで自然な甘みを引き出したもの

≫ 編 集 者 コ メ ント

良い主食の条件は「未精製」「噛み応えがある」「トランス脂肪酸などの油を
使っていない」もの。
一方、いわゆる「白い主食」は血糖値を急上昇させ、
体に脂肪がつきやすいために控えめにすることが大切。

ヒトを対象にした研究では、ごはんに麦を混ぜるなら3割以上にすると、
インスリンを抑えることができることが分かったそうです。
また、納豆やオクラ、長芋などネバネバしたものを
ごはんと一緒に摂ることで血糖値上昇が緩やかに
なるという研究結果も紹介されています。これはおいしい組み合わせですし、
手軽に実践できそうですね。

参考:J Am Coll Nutr. 2004 Feb;23(1):55-62.
「Lipids significantly reduced by diets containing barley in moderately
hypercholesterolemic men.」
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14963054


8/2(木)発売 日経BP社「日経ヘルス9月号」
雑誌URL: http://wol.nikkeibp.co.jp/article/magazine/20120725/130701/

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。