風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOPスポンサー広告 ≫ ☆便秘が改善されて、呼吸が楽になった! 支溝(しこう)TOPツボ ≫ ☆便秘が改善されて、呼吸が楽になった! 支溝(しこう)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

☆便秘が改善されて、呼吸が楽になった! 支溝(しこう)

☆便秘が改善されて、呼吸が楽になった! 支溝(しこう)
テーマ:ツボ

いつも便秘気味で、お腹がすっきりしない。中には便秘であることに慣れすぎてしまって、それが当たり前、という感覚でお過ごしの方もいらっしゃるかと存じます。しかし、人は食物を消化、吸収して「気」というエネルギーを作り出し、それを使って日々、生きているのです。排便は、その過程で不用になったものを体外へ排出する、大切な営みです。

しかも東洋医学では、大腸と肺は関係が深く、実際、便秘が改善されて、呼吸が楽になった、ということが多々あります。喘息など呼吸器に関わることでお悩みの時は、特に大腸を整える必要があります。

便秘には勿論、原因があります。東洋医学では、大きく4つのタイプに分類しています。
熱秘 辛いものの食べすぎ
気秘 座りすぎ
虚秘 気や血が足りない
冷秘 冷えによる

いかがですか? 思い当たることがあるかと存じます。どれか一つだけというよりも、複数の要因が重なっていることが多いと思います。そこで、どのタイプの便秘の治療にも必ず使う、「支溝(しこう)」というツボをご紹介します。

このツボは、身体じゅうのエネルギーの分配と水分代謝に関わる「三焦経(さんしょうけい)」というツボの仲間に属しています。そのため、気の流れと水の流れが問題となる症状には、三焦経の治療は欠かせません。しかも、いずれのタイプの便秘でも、排便に必要な水分と気が、大腸でうまく働いていないことに問題があります。そして、三焦経のツボの中でも、特に気の流れを良くする作用に優れているのが、「支溝」です。敏感な方ですと、3秒程度、軽く押しただけで便意を催すことがあるくらいです。

便秘の治療には、食生活の改善が不可欠です。バナナ、ほうれん草、ゴマ、クルミなどは、便秘に効く代表的な食材です。


e10_01.gif

支溝(しこう)

【探し方】手の甲側、手首から指幅4本分のところの中央。

【ポイント】手洗いの時などに、意識して触れるなど、押すことを習慣化すると良いでしょう。



下痢は急性でも慢性でも、「胃が疲れていますよ」という、胃腸からのサイン!
テーマ:ツボ

下痢のツボ<陰陵泉>
飲み会に行って、冷房の効いた部屋でビールと刺身で遅くまで飲んで、翌日から下痢が始まり腰まで痛くなってきた。これは、ある患者さんのお話ですが、似たような経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
下痢は急性でも慢性でも、「胃が疲れていますよ」「胃が冷えていますよ」という、胃腸からのサインです。特に夏場は汗をかくことで熱が体表へ出てしまいます。そのため、冷たいものを取らなくても胃は冷えた状態になっているのです。

さて東洋医学では、「胃が疲れていますよ」「胃が冷えていますよ」というサインは、「湿邪(しつじゃ)」という形で現れると考えます。「湿邪」とは、簡単に言えば、「余分な水分」のことです。人は消化吸収する力が低下すると、水分代謝も悪くなります。逆に梅雨時など湿度が高い季節には、外部の湿気の影響で消化吸収力が悪くなります。

そこで、湿気取りのツボ「陰陵泉(いんりょうせん)」の出番です。ちょっと押してみて下さい。痛みがあるようでしたら、「余分な水分がたまっていますよ」というお知らせです。そのため、下痢ばかりか、むくみ、夏バテ、食欲不振にも使うほか、膝痛にも欠かせません。膝痛は水がたまることからも、湿邪で悪化します。そのため膝痛の治療も胃腸を整えることが前提となります。

下痢が続く時は、まず食事の量を減らしてみて下さい。特に慢性の下痢では、「腹八分目」が守られていないことが多いようです。そして下痢には梅、りんご、もち米、はと麦、きくらげ、キウイフルーツが良いとされています。

「陰陵泉(いんりょうせん)」
【探し方】膝の下、内側の骨が、大きく曲がって細くなったところ。

【ポイント】ときどき押して、体内の水分チェックにお役立て下さい。

スポンサーサイト

Comment

便秘解消のツボ
編集
こんにちは。
便秘解消のツボ、支溝、とても参考になりました。
便秘解消は食生活が基本だとは思いますが、便秘に効くツボというのははじめて知りました。
毎日試してみます。
2010年07月09日(Fri) 16:45












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。