風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOPスポンサー広告 ≫ 糖尿病患者は普通の人よりずっと早く老化していくTOP読み終えた本 ≫ 糖尿病患者は普通の人よりずっと早く老化していく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

糖尿病患者は普通の人よりずっと早く老化していく


山岸昌一著『老けたくなければファーストフードを食べるな』老化物質AGEの正体。
下記に紹介します。
老化のきっかけとなる物質が、タイトルにもなっている「AGE」です。
(Advanced Glycation Endproducts :終末糖化物質)
●糖とタンパク質を加熱すると褐色になる
さて、AGEとはなにか?
あなたは「メイラード反応」という言葉を聞いたことがありますか?
名前を知らないとしても、これは日常的によく経験する化学反応です。

メイラード反応とは、
「糖とタンパク質を加熱すると褐色の物質になる」という性質のことです。

わかりやすくするために、ホットケーキを思い浮かべてみてください。
材料は小麦粉(糖)と卵(タンパク質)ですよね。これらをミックスして焼きます。
すると表面は何色になるでしょうか?
そうです、表面はこんがりした褐色(茶色)になりますよね。

ほかにも、肉や魚なども焼くと褐色の焼き目や焦げ目がつきます。
あれもメイラード反応です。
また、キャラメルやお煎餅、そしてビールまでも・・・。

このように、多くの食品にさまざまな種類の糖やタンパク質が含まれていて、
加熱するとメイラード反応が起きます。
そして、いろいろな変化が生まれます。
あるものは風味や香りがよくなったり、
あるものは長持ちするようになったり、
あるいは栄養価が上がったりします。 

私たちは生の食べ物に火を通してメイラード反応を起こすことによって、
柔らかく食べやすいようにしたり、
日持ちできるようになったのでとても便利になったといえます。

●人間の体でもメイラード反応が起きている?!
しかし、20世紀の後半になって「メイラード反応は食品だけでなく、
人間の体のなかでも起きているのではないか」という画期的な推測が登場してきます。

きっかけはニューヨークのアルバート・アインシュタイン医科大学のある医者の発見でした。
その医者はヘモグロビン(酸素とくっついて体の各組織に酸素を運ぶ役割をするタンパク質)について研究していたのですが、
ある日「奇形なヘモグロビン」を発見しました。

実はこの奇妙なヘモグロビンは、
後に老化物質AGEに変化する一歩前の「ヘモグロビンA1c」だと分かることになるのですが、
このときはまだそんなこと知る由もありませんでした。

どんな性質なのかは分かっていませんでしたが、
普通の人の血液にも必ず少なからずあるもので、
これが糖尿病の患者などになると2~3倍に増加することは知られていて、
「きっとこの奇妙な物質が糖尿病の患者に悪さをしているのだろう」と考えられていました。

しかし、研究が進むにつれ少しずつベールが明かされていきます。

ヘモグロビンA1cは、正常なヘモグロビンに
「糖」がたんこぶのようにくっついて変質した
「糖化物質」だということがわかってきます。 

4569804195.jpg


さて、ここで疑問が生じます。
「なぜヘモグロビンA1cができたのか?」
「なぜヘモグロビンに糖がくっつき、奇妙な形に変化したのか?」
この疑問が医学と化学のブレークスルーでした。
長く食品化学の領域で糖とタンパク質の化学反応として研究されてきた
「メイラード反応」と、
人間の体の中で起こっている生化学反応とが初めて結びついたのです。 
つまり、人間の体のなかでも、
ブドウ糖(唯一、人間が生きていく上で必須としている物質)と
タンパク質(ヘモグロビン)が37度近辺の体温でゆっくりと温められて
メイラード反応が起こっていたというわけです。

●糖尿病患者は普通の人よりずっと早く老化していく?!
人間の体のなかでもメイラード反応と同じような化学変化が起きているとお話しました。
「ブドウ糖」+「ヘモグロビン(タンパク質)」=「ヘモグロビンA1c」
ができているのでしたね。
では、このことが人間の体に具体的にはどのような影響を及ぼすのでしょうか?
それを考える上で解決の糸口となるのは、ヘモグロビンA1cがとくに多い糖尿病の患者です。


糖尿病の患者の方々に共通する特徴的な症状はなにかというと、まさしく「老化」なのです。

糖尿病の患者さんは普通の人より、はるかに早く老化します。
普通の人より皮膚がもろく、しみやしわになりやすい。
骨がボロボロになったり、
歯周病や白内障や認知症になるのも格段に早いし、
血管ももろいので、心筋梗塞や脳梗塞になるリスクが3倍も高くなります。 

また、糖尿病にかかった方は老化が早い分、寿命も短くなります。
男性で10年、女性で15年寿命が短くなると考えられています。
糖尿病が「老化のモデル」といわれるのは、こんなところに理由があるようです
スポンサーサイト
読み終えた本 | Comments (-) | Trackbacks (-)
☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。