風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOPスポンサー広告 ≫ かぜの呼び名 ずいぶんあるものです 日本は風の国TOP風 ひかる ≫ かぜの呼び名 ずいぶんあるものです 日本は風の国

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

かぜの呼び名 ずいぶんあるものです 日本は風の国

今日の京都は突風と よこなぐりの梅雨 大型のパラソルが何処からか飛んできました。

いなさ、あおぎた、ひかた、ひばりごち、かいよせ……。さて何のことかといえば、土地土地でさまざまに吹く風についた名だ。台風のときの強風だったり季節の変わり目を告げる静かな風だったり。こういう名前が全国にあまたある。 ...
いかにも日本はかぜの国であり、日本人はことのほか風に感じやすいのだろう。

日本経済新聞2010・7・12社説春秋より一部引用

そこで、かぜの呼び名を調べてみたら ずいぶんあるものです。

はえ 南風の呼び名。まじより古い言葉。船乗りに喜ばれる順風

いなさ 東日本、関東地方で用いられる風の呼び名。梅雨前後に南東から吹く強風。辰巳の風ともいう。

あおぎた(青北風)  西日本で8月から9月ごろにかけて、晴天の夜間急に冷え吹く北風。

ひかた  日のある方から吹く風の意味。広く日本海側一帯でいわれる夏の南寄りの強い季節風。

山背  山を越えてくる風。また、夏に東北の太平洋側に吹く冷たい北風。山背風。

東風  とうふう。→こち

あいの風  春から夏にかけて、日本海沿岸で吹く、北ないし北東のそよ風。あい。あえのかぜ。

青嵐(あおあらし)  5~7月の青葉のころに吹くやや強い南風。せいらん。[あをあらし]

あなじ(乾風)  冬に近畿以西で吹く、船の航行を妨げる強い北西季節風。あなぜ。あなし。

油風(あぶらかぜ)  4月ころ吹く南寄りの穏やかな風。油まじ。油まぜ。

いぶき  滋賀、岐阜県境の伊吹山周辺に吹くさまざまな風の名。元は何日も吹き続ける風、居吹きの意。

かいよせ 貝を浜辺に吹き寄せる風の意。大阪四天王寺の聖霊会(しようりようえ)(もと陰暦二月二〇日)前後に吹く西風。[季]春。
IMG_0559.jpg

 かいよせ—に乗りて帰郷の船疾し  中村草田男
スポンサーサイト
風 ひかる | Comments (-) | Trackbacks (-)
☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。