風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOPスポンサー広告 ≫ 牛黄は命を養う不老不死の名薬として中国最古の薬物書「神農本草経」に 記されています。TOP五黄 ≫ 牛黄は命を養う不老不死の名薬として中国最古の薬物書「神農本草経」に 記されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

牛黄は命を養う不老不死の名薬として中国最古の薬物書「神農本草経」に 記されています。

牛黄は命を養う不老不死の名薬として
    中国最古の薬物書「神農本草経」に
    記されています。
    1~2mmといった小さな血管にまで働いて
    血行を良くするので、手足のしびれ、冷え等の
    末梢血行障害を緩和して、身体のすみずみまで
    総合的に働いて、身体のバランスを整えます。

 牛黄の薬理作用                                                  
  現代の中国では、牛黄を芳香開竅薬という
  カテゴリーに分類しています。
 よい香りを持ち、心に入って邪を除き
  意識回復に働くという意味です。

  主な効能としては、
  高熱や熱病による意識障害、炎症や痙攣(けいれん)
  に効果があるとされています。
  特に脳卒中や脳梗塞などの脳血管障害による
  意識障害に用いられるケースが多く
  これは牛黄の末梢の赤血球数を増加させる働きや
  抗酸化作用によるものと考えられています。             

  牛黄は価格も高価なことから、研究が進みづらかった
  生薬のひとつです。
  しかし、薬効に対する研究は徐々に積み重ねられており
  いくつもの作用が発見されており
  滋養強壮薬、強心薬、少児用薬、感冒薬胃腸薬などに広く応用されています。
 ・強心作用
  心筋を収縮させる作用や冠動脈を強く収縮させることにより、強心作用をあらわします。
        心臓が弱く、やせ細り元気がない高齢者で元気をつけたいなど
 ・鎮静作用
 精神的なイライラや脳神経が興奮状態にある時、鎮静作用をあらわします。
  ストレスが多く、精神的にイライラしている方
・鎮痙(けいれん)作用
   内臓の筋肉の痙攣だけでなく、手足の筋肉などの骨格筋の痙攣をとります。
   手足のしびれ、まひ、中風の後遺症内臓の痛み
  ・赤血球新生促進作用
  赤血球数やヘモグロビン量を増加させる働きがあります。
  貧血の方、少し歩くと息切れする方持久力を付けたい方へ
・解熱作用
  熱を正常にするが、下げすぎることはない。
  熱がなかなか下がらない方、原因不明の高熱、抗生物質を使用しても熱が下がらない方。
・血圧調節作用
  血圧を正常の値に調節します
  高血圧(肩こり、頭痛などの血行不良型)、低血圧の方へ
 ・利胆作用
  肝臓に作用し、胆汁生成を促進します。
  また、胆嚢の周りの筋肉を収縮させ
    胆汁分泌を促進します。
  肝疾患、慢性の下痢、食欲がわかない方へ

      漢方薬は色々ありますが、代表的なもの

肝胆には「牛黄」
         脾胃には「人参」
         腎には「鹿茸」です。

「長城清心丸」では、「羚羊角(レイヨウカク)」「竜脳(リュウノウ)」など生命の維持に必要な「氣」の成分、
「牛黄(ゴオウ)」など体の滋養分や燃料になる「血」の成分、「牛黄(ゴオウ)」「芍薬(シャクヤク)」など体に潤いを与える「水」の成分など、希少な動物生薬をはじめとする生薬を配合しています。

seisingan.jpg
 病気は自分で治す
        人間には病気に対する免疫力、自然治癒力が与えられています。
        無理な活動をして自然治癒力、免疫力が低下し、病状が現れたのですから
        静養して自然治癒力の回復を図ればよいのです。
        薬もそのために飲むべきです。
自然治癒力を低下させないための日常の心がけは
        まず、外敵を防ぐ肝胆を丈夫にし、栄養を吸収する脾胃の働きを
        しっかりさせ、「命門の火」を燃やしている腎を丈夫にする。これが肝腎なことです。


noukassei_reiyoukaku.jpg
スポンサーサイト
五黄 | Comments (-) | Trackbacks (-)
☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。