風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOPスポンサー広告 ≫ ステロイド外用剤の塗り方、塗る量などのポイントは?TOP☆くすりの相談 ≫ ステロイド外用剤の塗り方、塗る量などのポイントは?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ステロイド外用剤の塗り方、塗る量などのポイントは?

Q. ステロイド外用剤の塗り方、塗る量などのポイントは?

A. ステロイド外用剤の強さの分類は、分類者・剤型などによって異なりますが、
血管収縮能や臨床効果で
「strongest~weak」までの5段階に分類されます。
あくまで分類は目安であり、対象疾患などにより効力に
微妙な差を示すことがありますので、薬の副作用、
皮膚の吸収のしやすさ、症状の程度、
年齢などを考慮して適切な薬を選択する必要があります。

<経皮吸収>
経皮吸収は、年齢、皮膚の部位・状態などにより異なります。
● 乳幼児、高齢者:成人より「1段階弱め」の薬を使用
● 顔面、外陰部など:原則として「medium以下」の薬を使用

<副作用>
一般に、外用剤の強さと副作用は比例します。
また、副作用は、吸収しやすい部位、長期使用により現れやすくなります。
● 全身性副作用:内用剤に比べると稀にしか現れない
● 局所性副作用:早期では「皮膚萎縮、毛細血管拡張」、顔面は「毛細血管拡張、ステロイド潮紅」、
胴体・四肢は「多毛、皮膚萎縮」が現れやすい
<塗り方・塗る量>
患部の範囲に合わせ加減が必要ですが、塗り方や塗る量は、薬が強くても弱くても同じです。
● 塗り方:擦り込むのではなく「軽く・薄く・サラッ」と塗ります。薄く塗っても十分な効果が得られます。
また、複数の患部に強さが異なる薬を塗る場合は、顔などの吸収しやすい部位に強い薬が
付くことを防ぐために、弱い薬から使用します。
● 塗る量:「薬をチューブから5mm位出すと、直径5cm位の円の患部」を塗ることができます。
(軟膏:少しテカテカする位、クリーム:白い色が消える位)
IMG_0147_convert_20100505001836.jpg
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。