風のなかゆく

この大地のあらゆるものには、一つひとつに目的がある。あらゆる病気には、それぞれ治療できる薬草がある。おなじようにすべての人に役割がある。 山川草木悉有仏性
TOPスポンサー広告 ≫ 慢性で頑固な四肢 腰の痛み 痺れを治すTOP漢方薬 ≫ 慢性で頑固な四肢 腰の痛み 痺れを治す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

慢性で頑固な四肢 腰の痛み 痺れを治す

独活寄生丸 (どっかつきせいがん)

【処方コンセプト】体が虚弱で、腰や手足の痛みが頑固で治りにくい方にからだが虚弱で疲れやすい方の痺証(ひしょう)に用いる。痺証とは、冷えや湿気が体内に入ることで腰や手足などの運動器に起こる痛み・しびれをいう。
対象者は慢性化した患者や高齢者に多い。

独活寄生丸適応症
◆一般には、高齢者や虚弱者の腰痛にはファーストチョイスとされている。
寒湿痺(かんしっぴ)(寒けや湿気で起きる関節、筋肉、骨などの異常)を呈する疼痛全般に広く用いる。
また、激しいスポーツで腰痛を起こす一時的な虚証にも用いられる。

◆気血(エネルギーや栄養)が不足して、筋骨(肝腎)の養分が足りなくなった結果、
虚に乗じて邪(寒けや湿気)が入り込む。
本方の治方は扶正祛邪(ふせいきょじゃ)(抵抗力を高めて病気の原因を追い払う)である。

◆肝は筋を栄養し、腎は骨を栄養するため、肝と腎が衰えれば膝と腰に異常が出やすい。
筋と骨のトラブルにより、関節の変形、こわばり、屈伸困難などの症状が発生する。
このようなケースによく使われる。

◆曲げられるが伸ばせないのは筋(肝)に病があり、
伸ばせるが曲げられないのは骨(腎)に病があると言われている。

◆特に高齢者は、骨を栄養する腎が衰えやすい。
腎が衰えている高齢者や虚弱者には、体の痛み以外に耳鳴り、健忘、めまいなど(腎虚の症状)を訴えるケースもある。

◆関節リウマチ、リウマチ熱、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、骨粗鬆症などの骨や関節、筋肉の疾患にも応用されている。

.【処方構成】16味処方中の唐独活(とうどくかつ)・桑寄生(そうきせい)を中心とした構成で、この組み合わせには、袪風湿、強筋骨の効果がある。
それをサポートする形で他の生薬が加わる。
薬性のほとんどは温性である。
牛膝(ごしつ)・杜仲(とちゅう)・桑寄生は肝腎を補い、 骨を盛んにして筋を強くする。
補気薬・補血薬もバランスよく配され、痛みの原因を改善する

dokkatsu.gif

肝と腎でエネルギー(気)や栄養(血)が不足して機能が低下した「肝腎不足」の状態に、「風」「寒」「湿」の邪が侵入して起こる腰痛や関節痛には、それらの邪を取り除く「袪風寒湿[きょふうかんしつ]」と、肝と腎の機能を高める「補益肝腎[ほえきかんじん]」のはたらきがある「独活[どっかつ]」と「桑寄生[そうきせい]」が有効とされます。
独活は、「ウド」という名でよく知られたセリ科の植物の根茎部で、解熱・鎮痛作用があるとして昔からよく使われてきました。
また、桑寄生はクワなどに寄生したヤドリギ科の植物で、肝腎の栄養を補って、
風邪、寒邪、湿邪を取り除いて腰や関節の痛みをやわらげるとされています。
スポンサーサイト
漢方薬 | Comments (-) | Trackbacks (-)
☆ともに歩めば風ひかる

ひかる風

Author:ひかる風
かぜのなかゆくブログへようこそ!
風が大空をふきわたるように 水が流れるように 四季が巡るように

☆処方箋調剤は、全国どちらの病院、医院の処方箋もお受けいたしております。
あらかじめファックス送信していただきますと、より速くお渡しすることができます。
Fax075-495-1395
もちろん 一般薬も取り扱っております。
東洋医学のこと お薬のことなら何んでもご相談ください。
あなたの体質 症状に合った適切な漢方薬をアドバイスいたします。

吉田薬局はかかりつけ薬局です。

最新トラックバック
カテゴリ
☆降水予報
フリーエリア
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。